ゲーム理論の応用分野「オークション理論」の功績により、今年のノーベル経済学賞を受賞した米スタンフォード大学のロバート・ウィルソン名誉教授。特集『最強の武器「経済学」』の番外編では、同氏へのインタビューの模様を一部特別公開し、自身の主な研究成果や、オークションがいかに社会で活用されているかなどについて解説してもらった。

>>無料会員登録はこちら

今回の動画で学べるTOPIC
・ゲーム理論
・オークション理論
・逆選択(adverse selection)
・勝者の呪い(winner’s curse)
・電波オークションと日本
・プラットフォームデザイン

Robert Wilson/米国の経済学者。1937年生まれ。59年米ハーバード大学で学士号取得。同大学で61年経営学修士号、63年経営学博士号取得。64年スタンフォード大学助教授、71年同大学教授となった後、2004年同大学名誉教授に。ゲーム理論の応用分野である「オークション理論」での多大な功績が認められて20年10月、かつての指導学生だったポール・ミルグロム氏(スタンフォード大学教授)と共にノーベル経済学賞を受賞した。