ナイキの公式HP
いじめや人種差別を真正面から取り上げたCMを発表した、ナイキの真意とは(ナイキの公式HPより)

日本人の「愛国心」に
火をつけてしまったナイキのCM

「日本を悪者にしやがって、こんな反日企業の製品など不買だ!抗議デモだ!」「スポーツに政治を持ち込むなんて不快すぎる!」――。

 ただでさえ、コロナの感染拡大でイライラしている人が多い師走の日本列島で、SNS上で激しい怒りを爆発させる人が続出している。

 理由は、11月28日に公開されたナイキ(NIKE)の新CM。3人のサッカー少女がスポーツを通じて、困難や葛藤を乗り越えて前に進んでいくというストーリーが2分にわたって流れるもので、これは「アスリートの実体験」に基づくものだという。しかし、その少女たちの描かれ方が一部のネト……もとい、「愛国心溢れる方たち」の琴線に触れてしまったようなのだ。

 1人はいじめに遭っている少女なのだが、もう1人は在日韓国・朝鮮人と思しき少女で、チマチョゴリを着て歩いたり、「日本の在日問題」なんてネットニュースをスマホで見ていたりするシーンがある。さらには、もう1人はアフリカ系の父親を持つ、褐色の肌の少女。学校で同級生に髪などを持ち上げられるなど、嫌がらせを受けているシーンもある。

 このようなストーリーにカチンときて、「日本社会はいじめや差別が多いと誤解される」「欧米の方が差別はひどいだろ」などと、激昂する人たちが後を絶たないのだ。

 要するに、日本では人種差別やいじめなんてレア中のレアな話なのに、それがさも当たり前であるかのように描かれると、世界に誤解を与えて、日本の若者も自国に対して自信を持てなくなってしまうから、こういう「反日CM」を流すのはけしからん、というのである。

 怒っている方たちのお気持ちは、よくわかる。特に、バラエティ番組などの「日本のホニャララは世界一!」という例のアレに慣れ親しんでいる方たちなどからすれば、あまりにも悪意に満ちたジャパンバッシングにショックを受けることだろう。いますぐナイキのスニーカーを燃やしたくてしょうがない、という方もいるかもしれない。