会社の後継者は長男
母は生命保険を受け取った

 賃貸マンションに居住していたため持ち家はなく、把握できた財産状況と遺産分割を顧問税理士に依頼して計算してもらったところ、これに伴う相続税は以下の通りとなりました。

 会社経営をしていたことから、個人資産であるキャッシュ5000万円は会社に貸し付けていました。会社経営者の相続においては、よくあるケースです。この会社への貸付金と自社株は事業後継者であるBさんが相続します。相続税負担が強いられるため、それを支払えるだけの預貯金も合わせて相続。長女はいわゆる「はんこ代」として50万円だけ相続し、残りは母が相続する形を取りました。

 また、父が個人で契約していた生命保険の保険金は2500万円のみであり、その受取人は母となっていました。会社経営者であれば、もう少し保障を手厚くしておいてもよかったかもしれませんが、父も自らが若くして相続が起こることを想定していなかったため、その必要性を感じていなかったようです。この感覚は会社で契約していた生命保険がなかったことからも理解できます。

表に出ていなかった
「連帯保証債務」の存在

 さて、この遺産分割に重大な見落としがあることにお気づきになりましたでしょうか。それは、会社が銀行から借り入れているお金の存在です。この主債務者は会社であり、会社が銀行へ返済する義務があります。

 しかしながら、会社が返済できない場合には、個人が会社の代わりに返済する義務を負う、「連帯保証債務」となっていたのです。つまり、父の相続発生段階では会社は存続し返済を行っていたため、まだ表に出ていなかった債務でした。