上司から評価される人の「ホウレンソウ」は何が違うのか?
テレワーク中のコミュニケーションには課題が多くあります Photo:PIXTA

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、テレワークを導入する企業が増えました。オフィスという同じ場に集まることなく仕事を進める中、重要になるのが報告・連絡・相談のコミュニケーションです。テレワーク中の「ホウ・レン・ソウ」で気を付けるべきポイントを解説します。
※本記事は、マネジメントコンサルタントの濱田秀彦氏『「ニューノーマル」最強仕事術』の一部を抜粋、再編集しています。

上司への「ホウ・レン・ソウ」は
“サービス”と位置づける

 テレワークが進むなか、私のところへ持ち込まれる課題解決の相談のなかで、とても多くなっているのが、上司と部下のコミュニケーションに関するものです。ある上司の「つぶやき」を紹介します。

「離れて働くようになって、“ホウ・レン・ソウ”をしてくれない部下には、本当に頭を悩ましています。状況がよくわからないまま、最後の最後で『NGになりました……』ときたら手の打ちようがありません。こちらも、進捗状況をしょっちゅう『どうなっている?』と聞くのは嫌なのですよ。みんな自主的に“ホウ・レン・ソウ”をしてほしいものです」

 コロナ後のビジネス環境下で、会社との関係は「仕事ありき」になっています。その仕事を発注してくれるのも、評価をするのも上司です。そこで、「自分は個人事業主。上司はクライアント」というように気持ちを切り替えましょう。