毎日、自分に問いかけよう! 
心の健康を保つ「6つの質問」

こうした基本的な生活のリズムを整えたうえで、心の健康を保っていくには、日々、次の「6つの質問」を自分に問いかけようと、カリフォルニア大学バークレー校Greater Good Center(GGC)では勧めています。

◎1.今日、自分が生活している中で、感謝すべきことや人は何か?

うまいものを食べた。

面白いテレビ番組を見ることができた。

どんなささいなことから始めてもかまいません。

3度の食事ができて、それなりに文化的生活ができていること自体、感謝すべきことかもしれません。

毎日ありがたいと思える、感謝できることを3つ、思い浮かべて眠りにつくと、心や体の健康につながることが、これまでのポジティブ心理学で明らかになってきました。

◎2.今日は誰とつながるか?

誰と話したり、メッセージをやりとりしているかを意図的に振り返り、上記4つの基本、「Move」「Nourish」「Connect」「Be」を意識していきましょう。

毎日最低3人となんらかのやりとりができるようにしましょう。

◎3.今日、私の通常のルーティーンであきらめるべきことは何か?

今は非常事態のパンデミックの世の中ですが、今できることに集中するために、「何をやらないか」を意識しておきましょう。

◎4.どうやって今日は外出しようか?

意識して外出してエキササイズしたり、気分転換が大切です。

外の空気を吸ったり、散歩しましょう。

近くの公園で自然を見ることでリフレッシュして脳を休めると、仕事のパフォーマンスにつながります。どうしても、外に出られない場合は、窓から外を眺めたり、十分な換気をするだけでも効果があります。

◎5.どうやって体を動かすか?

先ほどの4つの基本の一つ、1日20~30分、家でも外でも、安全な環境で体を動かすプランを考えてみてください。

◎6.今日の自分の創作は何か?

料理でも日記でもなんでもいいので、自分が今日つくった素晴らしいものを改めて見つめ直し、自分の主体性と創造性を改めて感じてみてください。

いかがでしたか。

どれも言われてみれば当たり前のようなことですが、カギとなるアイデアは、こんなときだからこそ、身近な生活空間に転がっています。

今こそ生活の基礎を意識的に見直し、心のリズムを保っていくよう心がけたいところですね。

私の初の著書『スタンフォード式生き抜く力』には、コロナ禍を生き抜くヒントを出し惜しみなく凝縮しました。よろしければご一読いただけたらと思います。

(本記事は星友啓公式ブログの人気記事をもとに最新情報を加えて大幅に書き換えたものです)