アビームコンサルティング
2019年度に行われたアビーム駅伝大会の集合写真 写真提供:アビームコンサルティング

「自律」は、組織への共感や愛着、社員の働きがいにつながる――。こうした事実がリクルートマネジメントソリューションズの行った「自律的に働くことに関する実態調査(2020年9月)」からも明らかになったが、これを体現している企業の一つが、アビームコンサルティングだ。今回は、OpenWorkが行った『社員が選ぶ「働きがいのある企業ランキング2021」』でも7位にランクインしたアビームコンサルティングに話を聞いた。(ダイヤモンド・セレクト編集部 林恭子)

自律的な社員であるほど
働きがいを感じられる仕組みに

 アビームコンサルティングは、日本に本社を置き、アジアを中心にグローバル展開をする総合系コンサルティングファームだ、同社でCWO(Chief Workstyle Innovation Officer)を務める岩井かおり執行役員は、同社でのワークスタイル変革の考え方について、以下のように語る。

「働きがいが高まれば、一人一人のアウトプットにつながって、お客さまへの貢献も大きくなる。そのため、経営戦略として、社員がいきいき働ける環境の整備に取り組んできた」

 同社では、働きがいのある環境を整えるのに加え、自律的に社員が行動できる組織づくりを積極的に行っており、「こういうふうに働きたい」と社員自らが声を上げて変えることができる仕組みがあるのだという。

「当社では、採用時から自律的な行動ができる人を求めている。すなわち、自分で考えて行動できる人には、さまざまなことにチャレンジできる機会がある」(岩井執行役員)

では、具体的に同社では、どのような働きがいが高まる制度や環境を整えているのだろうか。今回は、アビームコンサルティングの社員が働きがいを感じる理由を3つのポイントに絞って紹介していきたい。

<働きがいのある企業のポイント(アビームコンサルティング編)>
(1)社員自ら働き方を変革する「Business Athlete」
(2)充実した独自の研修プログラムとキャリア支援
(3)時間と場所にとらわれない働きやすい環境の整備