3月21日投開票の千葉県知事選で、約100万票差で圧勝した前千葉市長の熊谷俊人。千葉市長選でも熊谷の下で副市長を務めた神谷俊一が大勝。この組み合わせはかつての大阪維新の会をほうふつさせる
3月21日投開票の千葉県知事選で、約100万票差で圧勝した前千葉市長の熊谷俊人。千葉市長選でも熊谷の下で副市長を務めた神谷俊一が大勝。この組み合わせはかつての大阪維新の会をほうふつさせる Photo:JIJI

「100万票差の衝撃」がなお尾を引く。3月21日に投開票された千葉県知事選のことだ。当選したのは前千葉市長の熊谷俊人(43)。得票は140万9496票。これに対し自民党推薦の前県議、関政幸(41)は38万4723票に沈んだ。その差はなんと約100万票。千葉県選出の閣僚経験者は声を失った。

「負けるのはしょうがないにしても、これほど無残な負け方をするとは思わなかった」

 長い自民党の歴史の中でも特筆すべき敗北だった。

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

 元プロ野球監督、野村克也が言った名言が浮かんでくる。まさに自民党は負けるべくして負けた選挙。負ける要素が全てそろったと言ってもよかった。

 まずは出遅れだ。現知事の森田健作(71)が早い段階で今期限りの引退とみられていた中で、自民党は候補者の人選に手間取り迷走した。一時はソウル五輪の金メダリストでもある前スポーツ庁長官の鈴木大地(54)が浮上したが、大詰めの段階で頓挫した。