●戻す場所が遠い
「せっかく作り付けの収納があるのだから、これを駆使してモノを納めないともったいない」という葛藤があるのかもしれません。ですが、自分も家族も元の場所に戻せず見る見る散らかっていくようであれば、使う場所の近くに収納を移動、もしくは増設するべきです。

 私が一般家庭を整理収納のコンサルをする際に、増設をよくおすすめする場所とアイテムの組み合わせがあります。

 先述した「ダイニングでの仕事や勉強習慣を支えるアイテム置き場=カラーボックス」の他、「幼児・児童の身支度習慣を支える廊下のお出かけステーション=ウォールハンガー」「衣類の管理サイクルを支える仕分け基地=家族別のカゴ」などです。

 収納場所を増やすと、その分モノが増えてしまいそうで心配になるかもしれませんが、しまうアイテムと目的をはっきりさせた上での増設であれば問題ありません。私から見ると、その場しのぎで小さなカゴのようなものを増やすことの方が、よっぽど危険です。

●戻す場所が小さい
 自分や家族の収納習慣を【観察】してみて「“今”は使わない=ここに置いておかなくても大丈夫」と判断したモノは別の場所に移動しましょう。代わりに、頻繁に出し入れするアイテムを、ゆとりを持たせて置くようにします。仕事アイテムも学びアイテムも、着替えも同じです。

「こんなにゆったり置いたらもったいない」と気にする必要はありません。習慣化したいものこそ「いかにストレスなく出し入れできるか」が大切だからです。

「今」は絶えず更新されているので、今後、使わないものがどんどん押し出されてきます。その度に「“今”は使わないアイテムを別の場所へ移動させる」。この感覚がつかめたら、しめたものです。家のあらゆる場所を快適に使いこなす下地ができたと思って良いでしょう。

 ここを先送りにする人は、家中の至るところの収納が見る見るキチキチになり、そして手前側に使わないモノがあふれていきます。

 なお、新生活にありがちで一番厄介なケースは、デスクや大型のチェストなど、最初に大きなコストをかけてしまうこと。

 もしも、買ったものが使いにくかったり、実は必要ないと感じてしまったりしたらどうなるでしょうか。お金も場所もムダになる上に、せっかく買ったのだから、なんとかこれを生かせないか…と“もったいない”にとらわれて頭を悩ませるという、余計な手間までついてきます。なので、過ごし方が確定する前に、大きなお金を使うのは厳禁です。

 さて、今回は「新生活でいい習慣が作れる人と作れない人の収納環境づくりの違い」を解説しました。「今、習慣づけたいこと」を最優先にし、まずは手っ取り早くそのための環境を整えましょう。みなさんが新年度、気持ち良いスタートを切れるよう応援しています。

(家族の片づけコンサルタント sea(しー))