スーパー冷蔵庫の使い方

 スーパー冷蔵庫との暮らしはこんな様子だ。


 冷蔵庫を開けると、中にはすぐに食卓に並べられる食材が収まったガラス容器がたくさん並んでいる。ある容器には洗ってカットしたブロッコリーが入っている。カリフラワーやセロリ、パプリカ、玉ねぎなども同様だ。調理済みのキヌアが入った容器もある。新鮮な果物やゆで卵は軽食用だ。全脂無糖ヨーグルトに何種類ものザワークラウト、マスタードなどの調味料も各種常備している。

 スーパー冷蔵庫の眺めは美しい。だが大切なのはそこではない。

 私たちは、健康的な食材のたくさんの選択肢がすぐに目に入るようにデザインし直したのだ。

 冷蔵庫にあるものなら、いつでも、何でも、好きなだけ食べてかまわない。ただし、食事の行動計画に反するような食べ物は冷蔵庫に入れないことにしている。


 私たちは毎週買い物と準備に時間をかけ、スーパー冷蔵庫の機能を維持している。

 毎週日曜日に冷蔵庫を刷新するたびに、私はその光景にしばらく感嘆してしまう。まるで雑誌から抜け出してきたような眺めだからだ。じつに美しい!

 次のステップは少しつらいかもしれない。せっかくの美しい冷蔵庫を台無しにしなければならないからだ。だがこれは非常に重要なステップだ。準備した素晴らしい食材はすべてその週のうちに消費しなければならないのだ。何も捨ててはいけない。できるだけ、すべての容器を空にすること。

 スーパー冷蔵庫を毎週整えるには時間も労力もかかるが、その投資はすぐに報われる。

 急いで昼食を取らないといけないときは、冷蔵庫からいくつか選べばそれでおしまいなのだ。

 急に軽食がほしくなったときでも(たとえ夜中でも)、スーパー冷蔵庫を開ければ好きなものを何でも取り出せる。

 それでもまだ足りなかったら? またスーパー冷蔵庫に戻ってちがうものを選べばいい。どれも体にいい食べ物ばかりだ。かならず何かがある。意志の力に頼る必要もない。

 スーパー冷蔵庫のおかげで体重を減らし、よく眠れるようになり、良質なエネルギーを得られるようになった。

 スーパー冷蔵庫を始めたばかりのころは試行錯誤があった。まるでうまくいかないこともあった。だが私たちは、健康的な食生活を追求するうえで、冷蔵庫をいちばんの盟友にすることを学んだ。

(本原稿は『習慣超大全──スタンフォード行動デザイン研究所の自分を変える方法』(BJ・フォッグ著、須川綾子訳)からの抜粋です)