ビットコインの価格形成は
いまや骨董品の値付けと似ている

――ビットコインの価値は大幅に変動します。貨幣の3条件からいうと、これでは価値尺度としての機能を果たせません。

 そうですね。ビットコインの最大の問題は、その価格の著しい不安定性です。しかも今回の事件を反映してか、取引所間での価格のギャップも非常に大きいようです。こんな不安定な価格がビットコインの限界費用を反映したものとなっているかといえば、それはなっていないと思います。直感的に言うといくら何でも価格が高過ぎる、たかがビットコインとしての条件を満たす数字列を1個だけ発見するための費用が、何百ドルもかかるはずはないという気がするでしょう。しかし、現実はそうではなさそうです。

 ビットコインの特色は、条件を満たすコインつまり数字列が、最大で2100万個ぐらいで打ち止めになるようにアルゴリズムが仕組んであるところにあるのですが、現在までで半分以上、つまり1000万個以上のコインは発見されてしまっているようです。

 ビットコインの世界では、コインとしての条件を満たす数字列を発見することを、膨大な数字の山に交じっている「お宝」の数字列を発見するという意味で、地下に埋まっている金鉱石を発見することになぞらえて「発掘」とか「採掘」と言うのですが、ここで大事なことは、ビットコインの仕組みではコインの発掘が進めば進むほど新しいコインを掘り出すのが困難になり、コイン1個の発掘のために膨大なコンピュータ資源と電気代が必要になるということです。しかもその必要になり方が急激に大きくなる、という極端な仕掛けになっているところにあります。

 現実の金山や銀山でも金や銀の採掘が進むと、新しい金銀の発見が困難になり、鉱山として枯渇するという道筋を辿るわけですが、ビットコインという金山は、その枯渇の過程が急速に進むように仕組まれているのですね。それが、ビットコインの創始者とされるナカモト氏の無意識によるものなのか、それとも意識的に仕組まれたものなのかどうかは、何しろ本人が「謎の人物」なので分かりません。

 問題は、こうした資源の枯渇、コインの掘り尽くしが予想できるようになった状況で、その資源にどんな価格がつくかです。これはたとえば石油のような天然資源を取り上げて考えると分かりやすいでしょう。石油は私たちにとって最も重要なエネルギー資源ですが、もし石油に代替エネルギー資源がないとすれば、その枯渇が予想できた時点で石油価格は決まらなくなります。もう少し正確に言うと、少なくとも限界費用価格という文脈では決まらなくなります。石油の価格は骨董品のようなものになってしまって、石油がどうしても欲しいという人の間では、とんでもない価格で取引される一方で、他の人々は、先の見えている石油などという資源にまったく関心を示さなくなってしまうわけです。