俺には、なんだって売れる、というのは、プロフェッショナルの言葉として、重い響きがあります。

 つまり、自社の商品が好きだから売るわけではない。好きでなくても売る。無論、好きであるに越したことはないけれど、そういうことは本質的には関係ない。

 それが自分のするべきことだから、それで食っていくのだから、プロとして好きだろうが、好きでなかろうが、こだわりなく売る。

 これが、何でも売れる、の真意だと私は感じました。

 これは、もしかすると学生の皆さんにはピンと来ないかもしれません。あるいは、反発を感じるかも。

 就活に引きつけて言うなら、第一志望だろうがそうでなかろうが、入った以上はプロとして働く。好き嫌いは関係ない。そういうことになるでしょうか。

 絞り込みは必要かもしれませんが、絞り込みすぎて「ここじゃなければ入らない」というのは、子どものリクツである。

 Sさんの言葉は、そんなことも連想させる、貫通力の強い言葉であると私は感じました。

 「俺には、なんだって売れる」

 みなさんは、この言葉を、どのようにとらえますか?

最新業界・企業研究サイトのFacebookファンページができました!
→最新記事のチェックはこちら

<就活生必見!ダイヤモンド業界研究セミナーを特別公開>

2015卒学生向けに開かれた「ダイヤモンド業界研究セミナー」の一部を特別に公開中!当連載の著者、間杉俊彦が絶対に後悔しない業界研究の方法を解説します。

◆【動画①】テレビ、広告、映画、キャラクター、ネット業界編

◆【動画②】航空、鉄道、旅行、住宅、ホテル、ブライダル編

◆【動画③】“就職難民”にならないための「いい会社」選びのコツ

「クルマだろうが、クスリだろうが、<br />俺に売れないものはない」<br />女性を口説くように客を口説いた営業マンのプロ論