ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

任天堂だからこそできることは必ずある
市場調査では生み出せない前代未聞な商品を届けたい
――岩田 聡・任天堂社長インタビュー【後編】

石島照代 [ジャーナリスト]
【第52回】 2014年5月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

――それは、プロが作った商品が市場をキープできる保証がなくなるということでもあると思うんですが……。

岩田 プロの人たちがこれからも全員プロとして生き残れるかどうかはわからないと思いますよ。それは、ゲームに限らず、クリエイティブに関わるどんな世界でも、インターネットがもの凄い勢いで変えていることではないですかね。プロとして今後も価値を認め続けられるものもあるでしょうし、プロでも支持を得られずに集団を維持するには経済的に成り立たなくなる人たちだって出てくるでしょうし。

 それは任天堂も同じです。今後もプロとして必要とされ続けるチームの割合を、高めるための努力をし続ける必要があると思っています。全てのチームが必ず生き残ることが保障されていると考えるのは思い上がりでしょう。でも、全部がUGCの波に飲み込まれてしまうとも思っていません。任天堂だからこそできることは、必ずあると思っています。

業績不振だからこそ
いまは任天堂の腕の見せどころ

――任天堂の不調が伝えられるようになってから、社長退陣論や新ビジネスの提案、スマホビジネス参入などの記事やブログをよく見るようになりました。それらからは任天堂に対する溢れんばかりの愛情しか感じず、つくづく「好きの反対は無関心。キライも好きの一部」という仮説は正しいのだろうと思います。

 きっと世間の皆さんは、任天堂の理想像をお持ちなのでしょうね。一言で言うと、任天堂には「誰も思いつかないことをスマートにやってのけるまじめで天才的なヒーロー」という存在でいてほしいのかもしれません。

 私は15年近く任天堂の状況を端で見てきましたが、世間が思うほど任天堂はスマートでもないと思います。一部の成功体験が声高に伝えられる一方で、陰でもがいているし、過去にはさまざまな失敗も重ねている。今は世間が求める「スマートな成功」を得るための助走期間なのかもしれませんね。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧