腸内環境を整える上で意識したいのは次の3点だ。

 腸内の有害物質を体外に排出する働きがあり、善玉菌のえさになるといわれている食物繊維。野菜や海草、きのこなどを1食の中で1品は摂るようにしたい。そして、善玉菌が大好きなオリゴ糖。なにもオリゴ糖の商品を使わなくても、豆腐や納豆などの大豆製品、バナナにも含まれている。乳酸菌も、もちろん大切だ。ヨーグルトなどの乳製品だけではなく、キムチ、納豆にも多く含まれている。

 毎日ハードに働いて、それなりにストレスを抱え、食事時間や食べるものを管理することもままならない、というビジネスマンが、免疫力が高い状態を維持するのはなかなか難しい。それならば、せめて、身だしなみに気をつけよう。最近、携帯とスマホが場所をとるせいで、ポケットにハンカチを入れてない、という男性も少なくない。共同で使うタオルは雑菌の宝庫、と心得て、マイハンカチは常に携帯しておこう。


◆編集部からのお知らせ◆

太り気味の男性は集中力が足りない!?
『オトコを上げる食事塾』の著者・笠井奈津子さんの新刊『気が散る男はすぐ太る』が好評発売中!

忙しいビジネスマンこそ必見の“出世に効く食事力”。頑張っている人に読んでほしい1冊です。