NHKが毎週火曜夜に放送しているドラマ「サイレント・プア」では、主演の深田恭子演じる社会福祉協議会のCSW(コミュニティソーシャルワーカー)が、引きこもり者などの社会的弱者に向き合い、一緒に伴走していくシーンが話題を呼んでいる。

 私たちも1年くらい前から「フューチャーセッション」や「ひきこもり大学」など、当事者と一緒に考えたアイデアを実現していくような前向きな取り組みを通じて、「引きこもり」という課題に対する世間のイメージの誤解が払拭されつつある矢先だった。

 そもそも、家にこもっていたのが2ヵ月くらいだとしたら、仕事を失えば、誰でもそうなるだろう。

 前出の当事者は言う。

「AKBの被害者の子たちが“ごめんなさい”と謝る姿を見ていると、余計に容疑者が悪魔のように見える。でも、引きこもりの人は、怒りの矛先が他人に向くわけないんですよね。人目が怖くて、目立つことを嫌うのに…。むしろ、CD買うと、握手会の券が入っていて、複数買うとそれだけ握手の時間が長くなるというやり方は、軽い風俗みたいじゃないですか。そういう商売に利用されているAKBの子たちは、かわいそうですね」

 今回の襲撃事件の容疑者は、今後の捜査や取材等で新たな事実が出てくる可能性はあるものの、背景などから推測する限り、やはり「引きこもり」とは直接、関係なさそうである。

 第200回にあまりふさわしくないテーマになってしまったが、「当事者たちは“犯罪者予備軍”」と決めつけることに警鐘を鳴らしておこうと思った。

※この記事や引きこもり問題に関する情報や感想をお持ちの方、また、「こういうきっかけが欲しい」「こういう情報を知りたい」「こんなことを取材してほしい」といったリクエストがあれば、下記までお寄せください。
メルアドが変わりました。
otonahiki@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)

☆―告知―☆

※池上正樹 新刊のご案内※
 ひきこもり歴12年の40代男性と向き合ってきた3年間の記録。
『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)
価格780円(税別)

●池上正樹 個人コラム『僕の細道』はこちら

●第11回ひきこもりフューチャーセッション「庵 -IORI-」
最初に最近の話題提供などをさせいただき、その後グループに分かれて対話を行います。 未来思考で「ひきこもり」について語り合いましょう。
・日時 2014年6月1日(日) 13:00~16:30(受付 12:30~)
・タイムスケジュール(予定)
 12:30~ 受付
 13:00~ IORIの説明
 13:05~ 話題提供
 ・「不登校・ひきこもりが終わるとき」など
 13:30~ テーマの説明、テーマごとに対話
 15:30~ フリータイム
 16:30~ 片付け・撤収
※その後移動して懇親会(サイゼリア自由が丘店もしくは千年の宴自由が丘駅前店もしくはカラオケの予定)
※ テーマ(予定)
 ・「人目が気になる」をどのように克服するか
 ・生活保護について
 ・家族・兄弟姉妹について
 ・フリートークテーブルその2 セクシュアリティーとジェンダーとクィア・・・ ・大体”性について”の話
 ・フリーコーナー
・会場 目黒区緑が丘文化会館 第3研修室
 目黒区緑が丘二丁目14番23号 緑が丘コミュニティセンター内
 http://goo.gl/OGN861
 東急線自由が丘駅徒歩7分
 -自由が丘駅北口から本館まで(PDFファイル
 -自由が丘駅南口(マリクレール口)から本館まで(PDFファイル) 
・参加費 お気持ちで
申込フォーム
・定員 約80名
※『学生団体One'sLife』が当日のお手伝いをしています。ぜひ学生さんたちの活動に「いいね!」してあげて下さい ⇒学生団体One'sLife
※ IORIはドタキャン・ドタ参・遅刻、早退に居眠りOKです。参加申し込みは必須ではありません。お気軽にどうぞ!
※ 「庵 -IORI-」は偶数月第一日曜日に開催しています。
 次々回は8月3日(日)を予定しています。

●一般的な「ひきこもり大学」に関するお問い合わせフォームをつくりました。
 話をしてみたい、話を聞いてみたい、アイデアを提供したい…など、こちらからお願いします。
http://katoyori.blogspot.jp/2013/09/hikikomoridaigakuform.html