健康食品で多用されている言葉が、「配合」「補給(サプリメント)」「吸収」である。健康食品を飲食することで、配合されている成分を体内に補給し吸収したとしても、体内でそのままその成分が身に付くわけでもなければ、新たに生成されるとも限らない。

 例えばコラーゲンを食べても、そのまま体内でコラーゲンになるわけではない。

 コラーゲンとしては吸収されず、たんぱく質同様、必ずアミノ酸やペプチドに分解されてから吸収される。たとえ、吸収されやすい低分子コラーゲンであっても、体内で再びコラーゲンの合成に利用されるかはわからない。

 (独)国立健康・栄養研究所の「健康食品」の安全性・有効性情報では、次のように指摘している。

「肌や関節のためにコラーゲン食品を食べる」ことは、「コラーゲンの材料であるアミノ酸を食べた」ことにはなりますが、そのアミノ酸が再び体内でコラーゲンに再合成されるかどうか、また、再合成に利用される場合であっても、「顔の皮膚」「膝の関節」等という「期待する特定の部位」で再合成が行われるかどうかは定かではありません。

 コラーゲンはたんぱく質である。国の栄養調査でも、たんぱく質の摂取不足は指摘されていない。たんぱく質の一部であるコラーゲンの摂取不足も指摘されていない。ましてや、コラーゲンの1日あたりの摂取必要量など存在しない。

 安全性・有効性情報では、次のように過剰摂取の心配も指摘している。

コラーゲンは基本的にはグリシン-x-yの繰り返し構造になっており、アミノ酸のバランスを考えても、決して良質のタンパク質源ではないのです。コラーゲンばかり偏って食べるということは「コラーゲンを構成しているアミノ酸ばかり食べている」ということになるので、他のアミノ酸とのバランスが崩れる可能性もあります。

 コラーゲンに限らず、健康栄養成分といわれる物質が、体調を改善したり、体調を崩す予防になるということは、ほとんど証明されていない。「飲まないより飲んだほうが良い」と思っていても、それが過剰摂取になり健康に悪影響を及ぼす可能性もある。

 健康食品に、過度な期待と過剰摂取は厳禁である。