スマートエイジングライフ
男の食育 笠井奈津子
【第10回】 2015年2月23日
笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
著者・コラム紹介バックナンバー

居酒屋で飲んでも太らないメニュー5選

無理しなくても太らない!
居酒屋メニューベスト5

第1位 サラダ

サラダはシンプルが一番!盛れば盛るほど、カロリーが高くなるおそれが…

 「食べるときは野菜から口にする」

 これは、飲んでいるときほど鉄則にしたいことです。いわゆる食べ順ダイエットのやり方ですが、飲んでいるときに、最初から最後まで気にするのは大変。だから、“最初だけ食べ順ダイエット”でいきましょう。

 野菜、きのこ、海藻のように食物繊維を多く含むものをまずは口にいれて、血糖値を急上昇させるような、太りやすい食べ方を避けるのです。

 ただ、ポテトサラダのように、芋・栗・かぼちゃを主体として、マヨネーズで調味したようなものはNG。サラダという名がついていても、糖質が多い食材や調味の仕方になってしまうのが残念ポイント。

 もしもお通しがポテトサラダであれば、その後、注文したサラダがくるまで手をつけるのを待つ価値があると思います。

 ビジネスパーソンのクライアントでダイエットに成功されている方のほとんどは、「何も無理していない」と言いながら、この食べ順だけは守られています。

第2位 切っただけ!?なシンプルメニュー

栄養価の高い旬のお刺身盛り合わせがおすすめ。夜遅い時間帯であれば、低脂質な白身を中心に

 次に選んでいただきたいのは、冷やしトマト、刺身、鶏刺し、のような“切っただけ”のメニュー。家でも食べられるし…なんて思わずに、外食でこそ食べていただきたい一品です。しっかり調理された一品は、調味料によって塩分・糖分・脂肪分が上乗せされてしまって食材が持つもの以上にカロリーが高くなってしまいますし、味が濃いものほどお酒がすすみすぎてしまいます。ですから、調理によるビタミンの損失がなく、消化を促す酵素の補充ができるのも、このシンプルメニューの良いところです。

笠井奈津子
[栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。
著書には『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』(PHP新書)、『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』(晋遊舎新書)、『甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識 』(幻冬舎新書)などがある。
公式サイト スリップストリーム(お問い合わせ)


男の食育 笠井奈津子

目、肩や腰の痛み、毛、お腹周り、ニオイ……。男も年を重ねれば重ねるほど、若い頃は気が付かなかった悩みに振り回されることになる。そんなとき、対策の1つになるのが「食」だ。しかし、男性が自分で正しいと思った対策するのには、注意が必要だ。実は思い込んでいる知識が勘違いであるばかりか、症状は悪化、さらに若さを一層失うことになりかねないからだ。この連載では、そんな「食」の知識に未だ乏しいミドル男性に対し、若い頃と変わらない身体を保ってもらう「男の食育」を行っていく。

「男の食育 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧