スマートエイジングライフ
男の食育 笠井奈津子
【第14回】 2015年4月20日
笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
著者・コラム紹介バックナンバー

コンビニ食だけでメタボを防げるお手軽食事術

 前者ならばおにぎりのような主食を、後者であれば、何かしらタンパク質を足した方が良いので、予算500円と考えた方が良いでしょう。また、500円の予算があるのであれば、セブン-イレブンで売られているような300円程度の焼き鮭ごはんやそぼろごはんなど、あらかじめごはんと主菜が一緒になっているお弁当に、レトルト惣菜や簡単なサラダで野菜を足すのもおすすめです。袋詰めになっているコールスローやレタスなどであれば100円程度ですむので、さらに温かい汁物を足すことができます。

 温かいものは胃腸の血流を促進し、副交感神経を活性化させるため、気持ちを落ち着かせることができます。ですから、どの予算帯でも、プラス汁物は○。商品によっては150円近くするものもありますが、お椀やマグカップなどを使用できるのであれば、袋物を選ぶと安く抑えることができます。海苔のお味噌汁は比較的リーズナブルで、普段摂りにくい海藻も摂れて、より低カロリー。カロリーで満腹感を得やすいので夜遅くなったときの食事にはよりおすすめです。ただ、汁物は汁物でも、春雨が入ると糖質が高くなりがち。遅い時間は避けた方が良いでしょう。

糖質にこだわりすぎるのは危険!
健康惣菜の上手な使い方

 基本的には、糖質の低い方を選ぶ…とはいっても、カロリーだけにとらわれると選択を間違えてしまうように、基準を糖質だけにとらわれてすべての判断をするのは危険です。たとえば、ひじきの煮物、卯の花、きんぴらごぼう、が並ぶと、どれもいかにも健康的なお惣菜、という感じを受けると思います。でも、実際に一食当たりでみてみると、下記のような違いがあります。(一般的なレシピで作った場合)

 ひじきの煮物 34kcal,3.6g
 卯の花 81kcal,6.4g
 きんぴらごぼう 93kcal,12g

 こうしてみると、ひじきの煮物がダントツで良い感じがしますよね。でも、きんぴらごぼうに使われる根菜も、卯の花に使われるおからも、普段摂りにくい分、摂ってほしいものばかりです。夕方以降、もう活動量も下がってくるときに選ぶお惣菜はより気をつけてカロリーも糖質も低いひじきの煮物、日中はちょっとゆるめにきんぴらごぼう、というように、TPOにあわせたセレクトをすると良いでしょう。

笠井奈津子
[栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。
著書には『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』(PHP新書)、『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』(晋遊舎新書)、『甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識 』(幻冬舎新書)などがある。
公式サイト スリップストリーム(お問い合わせ)


男の食育 笠井奈津子

目、肩や腰の痛み、毛、お腹周り、ニオイ……。男も年を重ねれば重ねるほど、若い頃は気が付かなかった悩みに振り回されることになる。そんなとき、対策の1つになるのが「食」だ。しかし、男性が自分で正しいと思った対策するのには、注意が必要だ。実は思い込んでいる知識が勘違いであるばかりか、症状は悪化、さらに若さを一層失うことになりかねないからだ。この連載では、そんな「食」の知識に未だ乏しいミドル男性に対し、若い頃と変わらない身体を保ってもらう「男の食育」を行っていく。

「男の食育 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧