意外とささやか、
他競技の日本代表の日当

 ところで他の競技の日本代表は合宿や競技会出場の際、どの程度の日当を得ているのだろうか。

 各競技とも、何がしかの日当は出るようだが公表されていない。明らかになっているのはバレーボールとサッカー。バレーボール全日本は国内の場合2000円、海外遠征は3000円とか。また、サッカーのA代表は1万円だそうだ。注目度の高いサッカーA代表でも、この額。財務的に豊かな競技団体は少ないため、他はバレーボールと同レベルかそれ以下といったところだろう。

 ということは、ラグビー日本代表の日当がとくに安いわけでない。日本では代表に招集されることは、あくまで名誉であって報酬を得るものではないという意識なのだ。

 ラグビーの選手会設立でも、たまたま出てきたのが日当額への疑問であり、それを引き上げることなどが目的ではないだろう。設立発起人のリーダー格である日本代表・広瀬俊朗がそもそも、そういうタイプではない。

 広瀬は日本代表大躍進の陰の功労者といわれている。エディー・ジャパンのスタート時、ジョーンズヘッドコーチから人間性を買われて主将になり、チームをまとめた。W杯イヤーになってレギュラーから外れ、主将の任もリーチ・マイケルに譲ることになったが、それでも腐らず、チームのために献身した。練習では対戦相手の選手役として体を張り、代表から漏れた選手や関係者の激励メッセージを集めたビデオを自主制作して代表選手に見せ、チームを鼓舞した。

 広瀬が選手会設立を考えたのは、日本代表がプライドを持ってプレーできる環境をつくること。そのためには選手個々が自由に意見を言える場が必要。それが自国開催のW杯に向けて日本のラグビーをワンランク、レベルアップさせることにつながるという思いがあるからではないからだろうか。

 選手会の発足は来年度早々を予定しているという。成果を期待したい。