現在ソニー損保はドライブカウンタに通信機能は持たせていないが、短期的には専用機器はスマホやカーナビに代替される可能性もある。機器の追加コストが発生しないという意味で、現時点での本命はスマホである。プログレッシブ社でも、スマホを用いた実験を終えている。

 スマホが計測機器のデファクト・スタンダードとなれば、デバイスに関わる投資が要らなくなることから、それを機に参入企業は増える可能性も高い。中期的にはビッグデータが安いコストでとれるようになり、それと事故などとの関係が明らかになるにつれ、保険料を決める要因が年齢などの顧客属性や等級だけでよいかという議論が高まってこよう。

 さらに長期的には、自動車の自動運転が普及した場合、自動車保険のあり方自体が根本的に問い直される可能性もある。やさしい運転キャッシュバックは、「運転技能に差があるから成功するモデル」であり、自動運転などでドライバーの運転技能が関係なくなってくると、その特長が生きなくなってくる。将来、自動運転が当り前になった場合には、そもそも自動車保険というものがどんな形で存在し続けるかが、問われてくるであろう。

今後はスマホが主流に?
技術予測に落とし穴はないか

 短期的に測定デバイスはスマホに代替され、それを機に新規参入が増えると言われているが、テレマティクス保険のデバイスとして、本当にスマホが主流になるであろうか。確かに、スマホは多くの人が所有しており、新デバイスへの投資は要らない。しかし、そもそもスマホはドライバーが車を降りるときには一緒に持って行くものだ。車に乗る度に所定の場に設置したり、車のキー以外のものを乗り降りの都度、いちいち設定し直したりするものだろうか。万一ダッシュボードの上にスマホを置き忘れたら、夏季には熱でスマホが故障する危険もある。

 以前、複数の機能を1つの機器で実現しようという目的で、ファミコン内臓テレビや電話付きミニコンポなどが発売された。しかし、使用状況における機能のバッティングなどがあり、これらの商品は早々に姿を消した。

 スマホは、デジカメ、時計、電子手帳、電卓などの機能を取り込んで成長してきたが、それはユーザーから見て、お互いの使い勝手を損なわないものであったからである。果たして自動車に乗る際に、キーやカーナビに加え、新たな操作が増えることが、どこまで受け入れられるであろうか。