極端な冷房下で身体が「冬仕様」
身体に起きるさまざまな症状

 美羽さんを襲ったのは、いわゆる「冷房病」だ。冷房病は、冷え症のなかの一部分と考えられている。

本来、人間の身体は夏になると自律神経が自然に働き、熱を体外に放出するために血液は全身をかけめぐり、汗をどんどんかいて蒸散させやすい身体になる。

 ところが1日中冷房のなかにいると、体温を下げないよう血流は減少し、汗もあまりかけなくなる。夏仕様の身体になれないのだ。

 美羽さんの場合、極端な冷房下にいたため、身体は春使用を通り越して「冬仕様」だったかもしれない。そんな異常事態が起こっている状態で温度の高い戸外に出ていったりすると、自律神経は慌てて血管を拡張させ汗腺も開いた状態になって、汗を出そうとする。しかし出ない。

 繰り返すうち、自律神経によって行なわれている身体のさまざまな繊細な調節がうまく行なわれなくなり、手足の冷え、頭痛、肩こり、嘔吐、全身の冷え、ダルさ、不眠等々、身体にさまざまな症状が起きてくる。

 発熱しっぱなしになることだってある。

 こうした冷え症の大変さは、なった人間でなければ分からないかもしれない。

 単に、手足が冷たいだけではない。自律神経が上手く機能しないことで起きてくる症状の数々は、まさに「万病」そのもの。

 そして夏場の冷やし過ぎは冷え症の引き金となり、一旦かかってしまった冷え症は、簡単には治らない。

実は男性にも多い「冷え性」
熱中症にもなりやすいのは男性

 ところで、主に女性の病気…と思われている冷え症だが、実は男性にも多い…ということはあまり知られていない。

「男性の場合、自分はただの寒がりだと思い込み、見過ごしているケースが多いせいだろう」と、冷え症の権威は分析する。