塾に通っていても家での復習は必須
両親の管理・サポートが不可欠に

 特に家での勉強は両親の手助けが重要になってくる。塾に通っていて子どもは勉強した気になっていても、それでは身についていないことも多い。家でしっかり復習しないことには学んだことが自分のものになっていかない。

 放っておいても勉強する子は本人に任せておけばいいが、それでは心もとない場合は、親が勉強の面倒を見なければ無駄になる。たいていの場合、「まずは算数をやりなさい」「終わったら次に国語のプリント」などと、勉強の進度を親が管理することが求められる。塾によっては大量の宿題を出し、親がその管理を求める塾もある。これは入塾前の説明会でわかるし、聞くこともできるので確認しておきたい。

 ただ、あまり子どもに「あれやりなさい」「これやりなさい」と言い過ぎると、自然と子どもは「次、何をやればいいの」と受け身の学習になり、親への依存心がついてしまう。これは大きなマイナスだ。中学受験に限ったことではないが、自主性を涵養することも大事だ。例えば、勉強の計画を子どもに立てさせ、自分で積極的に勉強するように導いていくことなどは、親だからこそできる教育である。

子ども次第で親にフラストレーションも
精神的な負担も意外に大きい

 この学習の手助けは、時間だけではなく、親の精神的な負担も大きい。できる子なら別だが、多くの場合、いろいろな問題を解かせていくうち、「どうして、こんな簡単な計算を間違えるの」「この漢字はこの間、練習したばかりじゃない」と叱る場面が多くなってくる。あまり勉強しない子どもには「勉強しなさい」を連発することになり、親のフラストレーションは溜まる一方だ。さらに模試が返送されてきた時に、成績が良くなかった場合など爆発してしまうことも珍しくない。

 じつに無理のないところだが、叱ったところで子どもの成績が伸びるわけではない。現実を冷静に受け止め、言いたいことをぐっと飲み込み、次回、頑張る気持ちにさせるようにしたほうがいい。子どもだって間違いたくて間違えているわけじゃなく、親以上に情けなく思っている。勉強ができないこと、成績が伸びないことを親よりも負担に感じている。