のれんに腕押し
【無気力タイプ】

 「書類を持って行っても、“あ、そこに置いといて”とか、“後で見とくよ”とか、まったく気持ちのこもっていない声で返事するだけで、結局、まともに取り合ってくれないですね」

 50代半ばの上司について、残念そうな表情で語るのは、大手通信会社で働く40代の男性だ。

 「しかも、とても残念なのが、その上司がバリバリと働いて結果を出していたころを自分は知っていること。もったいないなとも思いますし、自分がそうなったらどうしようと心配にもなります」

 かつてバリバリと働いていた人が、ある日突然、あるいは徐々に気力を失っていくケースは多い。

 この40代の男性は上司について「なぜ、50代に入り急に無気力になったのかは、さすがに本人に聞くわけにもいかないので、よく分かりませんね」と語る。

 ある人事コンサルタントは、「自分の人生はこのままでいいのかと、漠然と思い始めるのが40代。それが、40代後半、あるいは50代に入ると、具体的に、“もう出世できない”ということが本人にも分かってしまう」と明かす。

 日本の企業はよほどのことをしなければ、解雇されることもないし、評価により年収に極端に差がつくこともない。

 どうせやってもやらなくても同じだし、もう出世もできないことは確定している──。そう考えたミドル、シニア社員が行き着く先が、このタイプだ。

 この50代の上司のように、かつては結果を出していたというケースが多い。それだけに、周囲へのマイナスの影響が大きいのもこのタイプである。

 ほんの数年前まで出世街道を走り、バリバリと働いていた姿を知っている後輩にしてみれば、その変化は、切なく、明日はわが身かもしれないと思わせる効果があるからだ。

 冒頭の40代の男性は「以前は、土日も仕事をしていたのに、今は朝から晩までずっと、パソコンとにらめっこしているんですよね。一度、後ろを通ったら、どう考えても業務と関係のない趣味のカメラのサイトを見ていて……。あと、10年ちょっと、何とか会社にしがみ付こうという気持ちに変わってしまったんでしょうか……」とため息をつく。

 では、このタイプには上司や部下はどのように接すればいいのだろうか。

 中には、若いころからまったく働かない、成果も出していないという社員も居る。こういうタイプには処方箋は少ない。

 一方で、かつて活躍していたが今は無気力というタイプは、やる気に再点火できれば、潜在能力は高いのだから周囲の社員にとってはありがたい存在になる。

 「またあのころのように一緒に成功させましょうよ」などと、往時を思い出させるようなことを、本人に伝えてみるのはどうだろうか。

【処方箋

元から無気力だったのかどうかを確かめる

活躍していた往時を思い出させ、やる気を引き出す