ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

誤報なら良かった!このまま撤退で良いはずがない
シャープのガラパゴス事業に期待される進化

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第7回】 2011年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5
nextpage

 また、著作権や版権を声高に主張するわりに、自らが有する資産の管理については無頓着だったこともあり、残念ながらコンテンツやアーカイブも散逸しはじめている。米国では、アマゾンやグーグル等がその受け皿としてある程度は機能しているが、日本では余力の残った大手出版社がその一部を引き受けている程度であり、今後の見通しは厳しい。

 アップルやアマゾンが先行者利益を増してきていることも、スピードを上げるべき要因の一つである。彼らが作り上げた「端末とコンテンツの組み合わせをサービスとして提供する」というスタイルは、もはや一般的なものとなり、またその完成度は極めて高い。後発の事業者は彼らと正面から戦わねばならず、世界市場を確保したスケールメリットや、知財戦略、またブランドイメージ等の観点も含め、対抗できる事業者はそもそも限られてしまうというのが現状だ。

 おそらくスマートフォンでは、もうアップルと正面から対峙するのは、難しいだろう。ただスレート型端末(やそれをベースにした電子書籍等のコンテンツ特化型端末)は、まだ一定の認知とシェアを得るだけの余地が、ギリギリ残されているかもしれない。ただそれとて、iPadやKindleなどの端末と、それを支えるプラットフォームが存在する以上、時間の問題である。

モバイルインフラ逼迫がもたらす市場変化の胎動

 マラソンのようにじっくり取り組みつつ、短距離走のように全力で走り続けなければならない--そんな無茶をしなければならないのが、この分野の現状である。そうした難しさを多くの人が感じ取っているからこそ、ガラパゴス端末の現行モデル終了というありふれた一報が「事業の全面撤退」と誤解されてしまったのだろう。

 こうした厳しい事業環境は、今後も変わらないのだろうか。様々な事業要素が同時に転換期を迎えているため、正確な予測はなかなか難しいのだが、攪乱要因もなくはない。その一つが、モバイルインフラの逼迫である。

 本連載でも何度か触れており、いずれ改めて詳細に言及するつもりだが、通信事業者が提供する3G回線は、スマートフォン需要の急進に伴うトラフィック爆発で、逼迫してきている。この状態はiPhoneの普及時に顕在化しており、ある程度は予見できたものだったが、結果として具体的に対策を講じられないまま、NTTドコモやKDDIにも波及している。

previous page
5
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧