ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「キンドル・ファイア」はiPad を超える?
低価格タブレットに込めたアマゾンの不気味な狙い

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第167回】 2011年10月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

 もちろん、キンドル・ファイアはひとつの番号にしかつながらないわけではなく、ウェブサーフィンもできれば、他のアプリも利用できる。もちろん電子書籍も読める。だが、基本的にはアマゾンとつながるために最適化されたツールなのである。当初のキンドルがプリント版書籍から電子書籍へと客を誘ったとすれば、キンドル・ファイアは、今度はアマゾンが抱える巨大なインターネット物販へと客を移行させる。その意味では、デジタル・コンテンツしかもたないアップルとiPadの関係と、デジタル・コンテンツに加えて、それを超える大きな物販のマーケットを持つアマゾンとキンドル・ファイアの関係は、同じ線上で語れないものなのだ。

 アマゾンがキンドル・ファイアを買い物の入り口にしようとしている意図は、その価格からも読める。カラーのタブレットなのに、たったの199ドル。アップルやサムスンのタブレットには500ドル近い価格がつけられているのと比べると、60%も安い。これは、原価を30~50ドルも割る価格だと言われ、アマゾンはまたもや出血サービスでこのキンドル・ファイアを広めようとしているのだ。もちろん、カメラやGPS機能がないなどの欠点もある。だが、そんなものはアマゾンが考えるタブレット像には不要ということだろう。アマゾンは、同時に他のモノクロ・キンドルには、何と79ドルという最低価格をつけている。

 これに並行して、このキンドル・ファイアを使って楽しめるデジタル・コンテンツの充実にも努めている。中でも映像のストリーミング・サービスには力を入れており、NBCユニバーサルやフォックスなどと次々と提携して、メジャーな人気コンテンツを急速に補充している。ユーザーが利用できるクラウド・サービスも始めた。また、プライム会員という年間79ドルで無料配送の特典がある会員制も、キンドル・ファイアとの組み合わせで、ますますサービス内容を拡充するもくろみだ。要は、キンドル・ファイアを手にしたユーザーが、一日中これを使ってアマゾンのサイトにアクセスし、買い物をしたりコンテンツを楽しんだりすることが、アマゾンの狙いなのである。

 キンドル・ファイアというハードウェアの背後に浮かび上がってくる戦略もそうだが、アマゾンという会社のこれまでの発展ぶりには注視すべき点が多い。プリント版書籍の出血サービスによる激安オンライン販売から始まり、物販、電子書籍、デジタル・コンテンツへと拡大してきた。サイト上では数セントの価格にも敏感な商人根性丸出しだが、背後では巨大な物流をあやつり、常に先手を打って次世代のテクノロジー・インフラ作りに励むIT企業としての存在感を持つ。アマゾンが目につける分野は、いつも3~5年後にはテクノロジー界で話題になるものばかりだ。

 一部の予想によると、アマゾンが2011年第4四半期に販売するキンドル・ファイアは450万台で、これはiPadが発売直後の四半期で売れた330万台を上回るものと見られている。スティーブ・ジョブズ亡き後、テクノロジー界に多大な影響力を持つのは、アマゾンCEOのジェフ・ベゾスかもしれない。

previous page
2
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

瀧口範子
[ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。

ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧