ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
気はやさしくて胃痛持ち
【第7回】 2012年3月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]

しっかり者の妻に家計を握られている夫。
小遣いの少ないことだけは同僚に知られたくない

previous page
4

 Cさんは通学に便利な近所の公立でノビノビと過ごさせてやりたいと思っていた。しかし妻は小学校が人生で一番大切だと主張して譲らない。幼稚園に入ってから、妻の起きている時間はすべて「お受験」のためにつかわれた。家を買うための節約がいつの間にかお受験のための節約に変わっていった。

 妻は家計に対してさらにシビアになっていった。「1日300円で我慢して」と言われたときは言葉もなかった。

 最近は、歓送迎会や会社の行事以外は、会社の帰りに飲みにいくこともなくなった。ギャンブルもしない。ゴルフも会社から補助の出る年1回の社員旅行のコンペだけにした。スーツも国道沿いの紳士服の安売りチェーンのものを年に2回、2着しか買っていない。スーツが合わなくなると不経済なのでダイエットもしていた。

 「俺のボーナスや給料はどういう内訳でつかわれているのか」「貯金はいくらあるのか」、それは聞けなかった。「次の経費精算までどうもちこたえられるか」。これを考えると胃が痛むCさんだった。

Doctor's Eye

ビジネスマンのストレスと体調の関係について詳しい
杏林大学医学部精神神経科教授 古賀良彦先生(著書

 男性の方はストレスの主な原因が仕事や職場の人間関係だと思いがちですが、実は家庭での人間関係が原因で不調を抱えることも多いのです。会社での真面目さが家庭生活でも出てしまい、ほっと寛げる場所が無くなって自分を追い込んでしまう方もいます。

 責任感が強く、人と争わない、言いたいことを言わないタイプの人には、人に気をつかいすぎて胃痛を起こす人が少なくありません。小さなストレスも長い間ため込むと大きなストレスになることがあります。大きなストレスになる前にこまめに解消をしましょう。

消化器がご専門
医療法人社団慶洋会理事長 黒瀬巌先生(著書

 胃痛を訴えられて来院する患者さんのなかに、長年の胃の痛みはストレスのせいであり、胃そのものが悪いわけではないと決めつけて何も対処しない方も多いようです。

胃が痛くても気合や根性でのりきれると思い込んで薬を飲まない方もいるようです。しかし、強い痛みや、繰り返す痛みは自律神経のさらなる緊張を招き、胃痛をますます悪化させる恐れがあります。胃痛がおきはじめたら、なるべく早く痛みをとることを心がけましょう。状況に合った胃薬をタイミング良く飲むことで胃粘膜が深く傷つくことを予防し、痛みも早く改善することが期待できます。

取材メモ

 私の主宰する日本ヘルスケアニュートリケア研究所ではいろいろなドクターたちと研究を進めています。私も最近胃の内視鏡で胃の粘膜の荒れを指摘されましたが、薬を飲み続けたことで改善しました。胃の痛みは放置しないで積極的に治療すれば毎日を快適に過ごせます。

previous page
4
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

underline

話題の記事

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]

1961年生まれ。財団法人日本ヘルスケアニュートリケア研究所 所長。広告代理店で大手私鉄の広報を担当。その後PR会社に転職し、医薬品や化粧品分野に携わる。2003 年にJ&Tプランニングを設立。代表取締役に就任。研究や情報の開発も行いヒット商品を数多く手がける。医療健康美容分野の研究のために2010年財団を設立。


気はやさしくて胃痛持ち

失われた20年と呼ばれる日本経済。そんな長い停滞のなかをがむしゃらに、ひたむきに日々の仕事・生活を生きてきたビジネスマンたち。さまざまなストレスに耐えてきたカラダもそろそろ注意信号を出す頃。いろんな職場のいろんなビジネスマンのいろんな悩みと不調を少し悲しく少しおかしく紹介します。

「気はやさしくて胃痛持ち」

⇒バックナンバー一覧