その役割を担うのがNCAA(全米大学体育協会)だ。1281の加盟校、45万人の学生アスリートの活動を支援している。非営利団体であるが収入は1000億円規模という。

NCAAの敷くルールの細かさに驚愕!
その内容とは…

 驚くのは、NCAAの敷くルールの細かさだ。著者がオフィスにいたとき選手のひとりが授業に必要な資料のコピーをとりたいと訪ねてきたという。著者は気軽にいいよと答えるが同僚が止める。学生に授業に必要な資料をアメフトのオフィスでコピーさせるのは、NCAAルールに違反するというのだ。コピーにしろ、ペンであれノートであれアメフト以外で使用する場合以外は学生に無償で与えてはいけないのがNCAAの規則なのだ。むろん、日本人指導者が好む、学生に酒やらご飯を奢るというのも許されない。

 こんな細かい規定を守れるかと思うだろう。お金を生み出す以上、規定を無視して勝利を目指す大学があらわれてもおかしくないと思われるだろう。彼らもそこには自覚的で、多くの大学が自主的に学内に「コンプライアンス・オフィス」という部署を設置している。これはいわば内部調査班だ。自分の大学が規定に違反していないか、常に目を光らせている役割を果たしている。

 ガバナンスの階層がはっきりしているから、大学側がのらりくらりと逃げ切りを画策するなどという構図は成立しない。実際、NCAAの規定に違反すれば大きなペナルティーを背負う。コーチが児童虐待していたことを組織ぐるみで隠蔽した大学には66億円の罰金が科せられたケースもある。66億である。それでも、大学側は異議を申し立てず、罰金を即納した。一説にはアメフトの収益でまかなったという。NCAAのサークルから除外されることがどれほど痛手であるかがわかるだろう。