鉄工所なのに、「量産ものはやらない」「ルーティン作業はやらない」「職人はつくらない」!
なのに、ここ10年、売上、社員数、取引社数、すべて右肩上がり。
そんな会社をご存じだろうか?
その名は、「HILLTOP株式会社」。京都府宇治市に本社がある。
今、この会社に、全国から入社希望者が殺到しているという。
その謎を解きに、記者は現地に飛んだ。
京都駅から近鉄・大久保駅で下車。タクシーで本社まで約5分。車を降り、本社を見上げた瞬間、度肝を抜かれた。
「ぴ、ピンク?こんな社屋、見たことない!」
とても鉄工所に思えない。
以前は、油まみれの“見るも無残な”鉄工所だったが、今や、宇宙・ロボット、医療・バイオの部品まで手がける「24時間無人加工の夢工場」へ変身。取引先はディズニー、NASAから一部上場のスーパーゼネコンまで今年度末に3000社超。社員食堂・浴室・筋トレルームがあり、「利益率20%を超えるIT鉄工所」とテレビで紹介され、年間2000人超が本社見学に訪れるという。
そして、最も注目されているのは、山本昌作代表取締役副社長の生産性追求と監視・管理型の指導を徹底排除した「人材育成」。「ものづくりの前に人づくり」「利益より人の成長を追いかける」「社員のモチベーションが自動的に上がる5%理論」を実践。入社半年の社員でも、ディズニーやNASAのプログラムが組めるしくみや、新しいこと・面白いことにチャレンジできる風土で、やる気あふれる社員が続出。
しかも、この経営者、鉄工所の火事で瀕死の大やけどを負い、1ヵ月間意識を喪失。3度の臨死体験。売上の8割の大量生産を捨て、味噌も買えない極貧生活をしたというから、まさに、個人も会社もどん底からのV字回復だ。
この20年、数々のカリスマ経営者を取材し続けてきた記者も、こんな面白い会社は見たことがない。
本日7月19日に、初の著書『ディズニー、NASAが認めた 遊ぶ鉄工所』を刊行される山本昌作氏を直撃。人が採れない時代に、なぜ、京都の鉄工所が世界最先端のVIP企業から重宝され、日本中、いや世界中から入社希望者と見学者が殺到しているのか?
社員がイキイキ働きながら、がっちり儲かる秘密を、HILLTOPの山本昌作副社長に語っていただこう。
(構成:寺田庸二)

なぜ、本社がピンク色なのか

「中小企業だから本社は質素でいい」という考えは、親会社ばかり見る下請の発想です。

 優秀な社員を採用し、多くの顧客にもきていただこうと思うなら、本社は非常に重要です。

 ヒルトップは、2007年12月に、京都府宇治市の京都フェニックス・パークに新社屋を竣工しました。

 建坪600坪、5階建、東側は全面ガラス張り。外観はコーポレートカラーの「ピンク色」です。

 誰も鉄工所だとは思いません。
 事実、鉄工所を目指して車でこられた方の多くが、通りすぎてしまいます

 本社屋建設の際、社内で「夢工場プロジェクト」を組織しました。

 毎週水曜日に社員とミーティングをし、理想の工場について一緒に考えてもらいました。

 そこで出た意見をもとに、いくつかの建設会社にデザイン案を出してもらい、最終的には社員による投票で決定しました。

 工場内の柱は、1本1本がカラフルに色分けされ、色彩もあざやかです。

 エレベータの扉はオレンジ、工場内には赤いキャットウォーク(通路)が走っています。
壁をなくしたオフィスの設計は、私のリクエストです。

 部署ごとに区切ってしまうと、コミュニケーションが悪くなりますが、仕切りがなければ、揉めごとが起きても、すぐにオフィス全体に伝わります。

 垣根のないオフィス空間にすることで、社員同士がざっくばらんに話せます。

「社屋はお金を生まないから、そんなものにお金をかけるな。最低限の機能があれば十分だ」
「本社屋にお金をかけるくらいなら、設備投資に回したほうがいい」

 と言う社長も多いかもしれませんが、私は中小企業こそ、本社屋にお金をかけるべきだと思っています。なぜだと、思いますか?