インセルが殺人者になる時

 Lookism(ルッキズム)と呼ばれる「見た目で人を差別すること」は、現実に存在する。見た目が魅力的でないと感じている人たちは、収入が低く、雇用の機会も少ないと明らかにした研究ある。また別の研究から、裁判の陪審員は、見た目が良い人に有罪判決を下さない傾向にあるとわかっている。

 しかし、恋愛や性的関係の文脈で起きる差別となると、男性と女性は全く違う反応をすると、専門家は言う。好きな人に振られた時、女性は自分を責めることが多いのに対し、男性は相手を非難しがちだ。

「男性は拒絶を、自分の男性らしさに対する挑戦、もしくは自分の社会的立場に対する侮辱と受け取る傾向にあります。一方、女性は拒絶されると感情的に傷つく傾向にあり、自分に何か足りないものがあったから拒絶されたんだと考えがちです。そして女性は拒絶を"乗り越えよう"としますが、男性は"借りを返す"必要を感じます」と、ノーザン・イリノイ大学カンセリング学部長のスザンネ・デッゲス-ホワイト氏は述べる。

 インセルが集う掲示板では、この"借りを返す"ことがしばしば議論されている。中には、自分を振った女性や女性の恋人に、暴力で仕返しをすべきだと書き込む過激なユーザーもいる。

 こういった男性はよく、自分たちのことを"遺伝子のくじ引きの敗者"と表現する。ユーザー全員が女性を嫌っているように見えない。しかし最近では、狂信的な女性蔑視主義者のユーザーが、辛辣な言動でそこまで過激ではなかったユーザーを押しのけるようになった。

掲示板に書かれたメッセージ掲示板に書かれたメッセージ。「醜いとはどんな気持ちかを味わわせるために、インセルじゃない奴らに硫酸をかけた方がいい」と書かれている Photo:Incelocalypse.today

 過激なインセルにとって、デートやセックスは不正で溢れている。全ての女性は(見た目に関係なく)、セックスする相手を見つけることができるのに、醜い男性はお金を払うか強制しない限り、セックスできないと考えているのだ。彼らはまた、女性は見た目の良い男性にだけ惹かれると信じている。

 この歪んだ考え方は、暴力性を加速させる。より過激なインセルが集う掲示板「Incels.me」では、1年間に1万件以上の投稿がある。ここでは「魅力的でない男性がセックスする"権利"が否定された」という理由で、女性への暴力を正当化する投稿が定期的に見られる。

 4月には、下記のような文章が投稿された。

「女性と社会は、我々を落胆させ孤独とうつに追い込んでいる。外見に対する彼らの執着は、彼らの基準を満たさない我々の怒りに油を注ぎ、殺人へと向かわせる。これは、我々が心を病んでいるからではない。偏見に対するノーマルな反応なのだ」

「良いものも悪いものも、インセルの行動は決して社会から報われない。それなのにどうして、社会のルールに従わなきゃいけないのだろう。我々を馬鹿にする女子が山ほどいるソロリティ(女子学生クラブ)を銃撃してやろうじゃないか」