外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』では、成功を焦るあまりに借金漬けにおちいった青年の人生がその後どう展開していったかを描いています。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。
今回は、本には収録しきなかったエピソードを紹介します。

お金持ちが必要最低限なモノだけを持ち、機能的な配置をする理由とは?

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

 ホテルで働くスタッフとして、特にお客様が過ごしているお部屋の掃除やルームサービスを行うスタッフには「最も気をつけるべきこと」があります。
 それは、モノの紛失はもちろんのこと、「ゲストが部屋に置いているモノを勝手に動かしてはいけない」ということです。

 業務上の理由でどうしても動かさなければいけないという時には、必ずお客さまにその旨お伝えして、同意を得られた場合にのみ動かすのですが、動かしたらまた必ずもとの場所に戻すことも必須となります。
 こちらの勝手な判断で、「こちらに置いたほうがお客さまに便利かも」などと勝手に場所を変更するのは御法度です。

 これには、お客さまの物には勝手に触れないとか、紛失等のリスクを避けるためという理由もありますが、何よりも「お客さまの希望を尊重すること」「お客さまの意図にしっかり配慮すること」が大切な目的となります。

 実は、ボクがホテルで働き始めた頃、物を勝手に動かしてお叱りを受けたことがあります。
 お客さまがベッド脇に置いていた本を掃除のために動かし、それを手にしたまま移動して、うっかりテレビの脇に置いたままにしてしまったのです。

 当然ながら、「所定の場所に置いておいてくれ」というクレームを受けました。
 もちろん、そのようなクレームでもお客さまは冷静に伝えてくださったのですが、当時のボクのホンネを言えば、「自分だったらそれくらい気にしないけどな」と思ったものです。

 しかし、それからしばらく仕事を続けるうちに「物の配置」をあえて大切にしているお金持ちが多いことに気づきました。ただ荷物を広げて置いているというわけではなく、その置き場所にはたいてい「何かしらの理由」があるということです。

 そんな視点で観察していると、ある基本的なことに気がつきました。