「発言できない雰囲気を作る上司」がいる!?

発言しない社員ばかりが悪いわけではありません。私が見てきた限りでは、発言させない空気を作る上司側も悪いのです。

会議というのは、よりよい意見を交換し合う場です。ですから、すぐに活用できる、会議で社員の発言を活性化させる3つの方法をお伝えしましょう!

(1)参加者の中で一番偉い人を議長にしない!
会議となると、その中で一番偉い人が議長になりがちです。
これでは、一番上からにらみを利かせている状態で、皆発言がしづらくなります。

会議の場はリーダーを育てる育成の場でもありますので、次期マネジャーやリーダー層などをあえて議長に置き、上司は会議の一参加者としてフラットに意見が言いやすい空気を作るといいでしょう。

(2)付箋を使って全員が意見を出す!
会議でよくありがちなのが、一番偉い人が意見を言うと、次から意見を言う人は、その人の意見に引っ張られて同調する意見を言ってしまいます。そうなると、次から発言する人も、その意見を被せて同調する意見しか出てこず、これでは議論ではなく予定調和になってしまいます。

意見を募りたいのならば、議論したいテーマを出して、まずは個人の意見を付箋に一言で書いてもらい、全員その付箋を出してから、若手から意見を聞くのです。これだけで全員参加の会議になります。

(3)いきあたりばったりの会議はやめる!
会議がいきあたりばったりだと、発言するタイミングも分からず、流れも分からないので発言もしにくくなります。事前に会議のアジェンダ(議題)を決めて、報告や伝達事項と、議論をしたい事項を明確にするのです。また、議論したい内容は事前に伝えて各自考えを持ち寄るようにすれば、発言の場も明確になります。いきあたりばったりのその場の流れ会議は今すぐやめましょう!

発言しない社員の深層を正し、会議のやり方を変えれば、見違えるほど活気のある意味のある会議に変わるでしょう!

生産性を落とす会議が多い昨今ですが、生産性のある会議に生まれ変われば、その会議から素晴らしいアイデアや提案が生まれるに違いありません。