「更年期がない」女性はいない
45~55歳女性の体で何が起きているか

 まずここで更年期の医学的な定義を記しておきたい。

 更年期とは「女性の加齢に伴う生殖期から非生殖期への移行時期である。閉経周辺期とその前後の流動的な時期を組み込んだもの」。

 日本人の女性の閉経の平均年齢は50~51歳といわれており、一般的には閉経をはさんだ45歳から55歳を更年期と呼ぶ。つまり更年期とは、いわば思春期や青年期などと同じで、その世代を指す総称。だから「更年期がこない」女性はいない(病気で卵巣を摘出した場合などを除いて)。思春期がこない人はいないように、45歳から55歳は誰もが更年期なのだ。

 では更年期世代になると、体内でどんな変化が起きるのだろう。 

 女性は40代になるとそれまで順調に体内で分泌されていた女性ホルモン“エストロゲン”の分泌がガクっと減少してしまう。するとどうなるか――。これまでエストロゲンによって調節されていた体のさまざまな機能が、うまく立ち行かなくなってしまうのだ。

 その仕組みをわかりやすくいうとこんな感じである。

 エストロゲンが低下すると、脳がそれを察知。「大変、エストロゲンが出てないですよ! もっとエストロゲンを出してください!」とエストロゲンが分泌される場所である卵巣に指示を出すのである。ところが、出せと指示されたところで出ないものは出ない。卵巣は「そう言われても、出ないんですよ……」と脳に返事をするのだが、脳は「だから、すぐに出してってば!」とさらに興奮。この不要な興奮状態のせいで自律神経の調整がうまくいかなくなってしまうのだ。そうすると、女性の体にはこれまで経験したことがないようなさまざまな症状が起きる。そう、これが“更年期症状”なのである。

 ちなみにこの“エストロゲン”、生涯で分泌される量はたったティースプーン1杯分。初潮を迎える頃に分泌され始め、20~30代がそのピーク。閉経後は限りなくゼロに近づく。