これから大きく変化していくこの世の中において、従来の仕事はAI(人工知能)やロボットに代替されていく可能性があります。世界は今まさにイギリスで起きた産業革命、そしてインターネット革命以来の産業構造の大きな変革が起きようとしています。
そんな中、子どもたちが素晴らしい未来を切り開いていくためにはどうすればよいのか? 大人になってからの必須の力として世界的に注目されている「創造力」や「コミュニケーション力」、「セルフコントロール力」などの非認知スキルを、子どものころから磨くためにはどうしたらいいのでしょうか?
ダイヤモンド社から『脳科学的に正しい 一流の子育てQ&A』を上梓した脳科学者の西剛志さんが、最先端の研究から分かってきた驚くべき事実を紹介していきます。

大人からの多すぎる命令が
子どものやる気をそいでしまう

西 剛志(にし・たけゆき)
脳科学者(工学博士)、分子生物学者。T&Rセルフイメージデザイン代表。LCA教育研究所顧問
1975年、宮崎県高千穂生まれ。東京工業大学大学院生命情報専攻修了。2002年に博士号を取得後、(一財)知的財産研究所に入所。2003年に特許庁に入庁。大学院非常勤講師を兼任しながら、遺伝子や脳内物質など最先端の仕事を手掛ける。その後、自身の夢を叶えてきたプロセスが心理学と脳科学の原理に基づくことに気づき、2008年に世界的にうまくいく人達の脳科学的なノウハウを企業や個人向けに提供する会社を設立。現在は脳科学を生かした子育ての研究も行い、大人から子どもまで、才能を伸ばす個人向けサービスから、幼稚園・保育所の先生/保育士/保護者向けの講演会、分析サービスなどで7000名以上をサポート。横浜を拠点として、全国に活動を広げている。

「子どもがやる気がなくて困っている」という話をよく耳にします。ただ、子どもがやる気のない理由は、たった1つだけかもしれません。これは「やる気を高めたい」というお父さん、お母さんにいつも質問していることです。「子どもに~しなさいと命令することは多くありませんか?」ということです。

 すると、やる気がない子どもを持つ親のほとんどが「ええ、その通りです」と答えるのです。

 実は、子どもは生まれつきやる気がない子はほぼ存在しないことが分かっています。皆さんは生まれたときからやる気のない赤ちゃんを見たことがあるでしょうか? そんな光景を見たことがある人はほとんどいないかもしれません。赤ちゃんは転んでも諦めずにどんどん前に進もうとしますし、常にやる気に溢れています。

 しかし、そんな赤ちゃんや子どものやる気が失われてしまうきっかけがあります。それが『大人からの数多くの指示や命令』です。子どもは大きくなるにつれて、大人からたくさんの指示を受けます。中には大切なこともありますが、自分がどうしてもやりたくないこともあるかもしれません。

 実際に脳科学と心理学の研究でも、脳は「勉強しなさい!」「片付けなさい!」「しっかりしなさい!」と命令形で言われると、抵抗を感じて真逆のことをしようとする性質があることが分かっています。例えば「箱を開けないで」と言われると私達は開けてしまいたくなります。実は、こうした命令をたくさん受けているうちに、子どもはやる気を失ってしまうのです。

参考記事

子どものメンタルを強くする
方法を教えてください