白米
Photo:PIXTA

 昨年の今頃、現代人の精子数が過去三十数年の間に半減したという報告があった。

 エルサレム・ヘブライ大学の研究者が1973~2011年に実施された研究から精子数のデータをまとめたもので、北米、欧州全土、豪州、ニュージーランドなど先進国では、40歳未満の男性の精子濃度が52.4%低下、総精子数は59.3%に減少したという。

 ただし、本報告には不妊治療中の男性のデータが含まれるなどの偏りがあり、うのみにはできない。とはいえ、精子を元気にする対策は必要らしい。ヒントが一つある。

 ハーバード公衆衛生大学院の研究者らは、スペイン在住の18~23歳の男性(平均年齢20.5歳)206人に、過去1年間の食生活に関する回答と、血液と精液のサンプルの提供を依頼。赤身肉、白身肉(鶏肉など)、加工肉、魚介類を含む肉類の摂取と、精液の質、性ホルモン値との関係を調べた。

 被験者の平均体格指数(BMI)は23.7で、9割以上が白人種、7割が非喫煙者、平均運動時間は週9時間だった。

 食事内容と精液の質、性ホルモン値との関係を調べた結果、赤身肉、白身肉、魚の肉に限らず、肉類との関係は認められなかった。

 その一方で、貝類の摂取と精子の前進運動率との間には、正の相関関係が認められた。つまり、貝類を食べるほど、精子の「真っすぐに進む力」が増すらしい。

 さらに総運動率――射精2時間以内の精液において前進運動をしている精子の比率(40%未満で精子無力症と診断される)も、貝類の摂取量と比例して上昇することが示された。ちなみに、肉類の代わりに貝類を食べてみると、精子の運動率と前進運動率が改善されたという。

 対照的に、レバーやホルモンなど内臓肉を好んで食べる男性は、非摂取者と比較して、精子の運動性が下がり、女性ホルモンの一つである黄体ホルモン値が非摂取者より高いことが示された。

 食事と精子の質との関係はまだ検証途上だ。研究者もさらに大規模な追試が必要だとしている。

 とはいえ折も春であり、今が旬の貝類を食べてもいいかも。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)