実は、85歳を過ぎると、ほぼ全員の脳にアルツハイマー型の変化が起こることを、年間100例以上の高齢者の脳の解剖を行う浴風会病院に勤務中に経験しました。また、厚生労働省のまとめでは、「認知症」については、85歳以上の方の40%強がテスト上は認知症と診断されるとされています。70~74 歳では認知症有病率は4.1%ですが、80~84歳で21.8%、85~89歳で41.4%と倍増します。そして、90~94歳では61%となり、95歳以上となると実に79.5%の人が認知症と診断されるという数字があるのです(厚労省「都市部における認知症有病率と認知症の生活機能障害への対応」平成23~24年度)。

 90歳以上だと約6割の人が認知症になるのですから、これは「受け入れる」ほかないでしょう。ただし、認知症は急にくるものではなく、ゆっくりと進むものですから、むやみに怖がることはないのです。

「脳の老化」は40代から始まっている!

 人間の脳(大脳皮質)の表面積は、新聞紙一面くらいで、そのうち脳の各部が占める面積は、前頭葉41%、側頭葉21%、頭頂葉21%、後頭葉17%となっています。前頭葉がこれほど発達している動物はほかにはなく、人間が人間らしくあることの裏づけが前頭葉の働きだといえるでしょう。

 ところが、この大切な前頭葉の萎縮は40代から目に見えるようになります。いわゆる「脳の画像」では、頭蓋骨の内側に隙間なく詰め込まれている脳をイメージしますが、こういった「きれいな脳」の状態を維持できるのは、ふつうは30代が限界です。個人差はありますが、40歳過ぎから、脳には頭蓋骨との間などに隙間が少しずつできます。

 40代になって前頭葉が肉眼でわかるほどに萎縮すると、その人は30代までより創造性、自発性、意欲などの能力が低下してしまいます。50代、60代になると、さらに前頭葉の機能が低下し、「感情抑制機能」が衰えることから、些細なことで怒ったり、怒鳴ったりするようになる人もいます。