人工知能に奪われる仕事など考えても仕方がない

 未来は予測するものではなく、構想するべきだという指摘はまた、昨今の人工知能を取り巻く混乱についても当てはまります。

 ここ数年ほどのあいだ、さまざまな論者や研究機関が「人工知能に奪われる仕事は何か」という予測を行ってきました。たとえば2013年には、オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授を中心とする研究グループが「人工知能に代替されやすい職業」をリスト化し、「20年後、米国の雇用者の47%が機械によって代替される」という分析結果を公表しています。

 リストそのものはなかなか興味深いのですが、こういった予測は人騒がせなだけで実際には当たらないので、ここでリストを取り上げて考察することはしません。ここであらためて考えたいのは、この「問い」の前提となっている視座の低さです。

 人工知能という汎用性の高いテクノロジーが実用になりつつある今、私たちが問わなければならないのは、むしろ「人工知能を人間が手にしたことで、私たちにどのような可能性が開けるのか」という問いであり、さらには「テクノロジーによって私たちはどのように人間を進化させられるのか」という問いであるべきでしょう。

 過去の歴史を見れば、テクノロジーの進化が功罪相半ばするものだということは否定できません。テクノロジーの危険性を指摘して発達や社会への実装を牽制しようという動きもありますが、過去の歴史を振り返れば、そのような営みは結局、すべて失敗に終わっています。

 つまり、私たちはテクノロジーの進化にブレーキをかけることはできません。であれば私たちはオプティミストになるしかありません。進化を止めることのない人工知能の前に立ちすくんで「誰が仕事を奪われるか」などという予測をして、その予測に振り回されても仕方がない。このように不毛な予測に時間と労力をかけ、出てきた予測に一喜一憂しているオールドタイプは環境変化に引きずり回され、人生のイニシアチブを失うことになるでしょう。

 一方で、進化するテクノロジーを用いることで、現在の社会が抱える課題をどのように解決できるかを考えるニュータイプは、環境変化を自らのチャンスに変えていくことで、大きな豊かさを生み出していくことになるでしょう。

(本原稿は『ニュータイプの時代――新時代を生き抜く24の思考・行動様式』山口周著、ダイヤモンド社からの抜粋です)