「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定を私は本当にやりたいだろうか?」(ジョブス)

 スタンフォード大学の卒業式で行った伝説のスピーチの最後のほうで語られた名句です。この「最後の日」という発想(思考実験)は、二千年前のセネカから、脈々と受け継がれているのです。

 他にも、次のような言葉があります。

「明けゆく毎日をお前の最後の日と思え。そうすれば、当てにしていなかった日は、お前の儲けになる」(モンテーニュ)

「明日死ぬかのように生きろ。永遠に生きるかのごとく学べ」(ガンジー)

 このガンジーの言葉では、人生は有限ですが、学びは永遠であることが示唆されています。

 仕事や人生で行き詰まったときこそ、彼らの言葉を思い出してみてはいかがでしょうか。