2 高雄の人気スポット【名所編】

龍虎塔龍虎塔は目の前で見ると迫力抜群! ©iStock

■蓮池潭(リエンチータン)
 高雄市街地に位置する淡水湖。約7ヘクタールの湖を囲むように、道教の廟やそれらの関連施設が点在しています。湖面にはケーブルウェイクボードを楽しむ人の姿も。サイクリングロードが整備されているので、レンタサイクル「City Bike」を借りてサイクリングすることもおすすめ。City Bikeは、新幹線「左營」駅や台湾鉄道「新左營」駅があるMRT紅線「左營」駅もしくはMRT紅線「生態園區」駅前で借りるのが便利。龍虎塔だけピンポイントで行きたい場合は、新幹線「左營」駅・台湾鉄道「新左營」駅・MRT紅線「左營」駅からタクシーで約10分、もしくは台湾鉄道「左營(舊城)」駅から徒歩約10分が便利です。

・住所: 高雄市左營區蓮潭路
・営業時間: 常時開放

 蓮池潭の観光スポットをいくつかご紹介します。

(1)龍虎塔(ロンフウター)
 蓮池潭で一番人気のスポット。向かいに建つ道教廟(城邑左營慈濟宮)が1976年に建てた宗教施設で、ガイドブックでおなじみの観光スポットです。龍の口から入って虎の口から出ると厄が落とされると言われています。塔の中にある壁面は華やかな装飾が施され、龍塔は親孝行の模範とされる「二十四孝」や悪人が地獄で受ける様子を描いた「閻魔大王審罰刑図」が。虎塔には儒教聖人や天国の世界を描いた「十殿玉皇大帝三十六宮将図」などの絵が飾られています。時間外の夜は、虎と龍の中には入れませんが、外観がライトアップされるのでフォトジェニックです。

・住所: 高雄市左營區翠華路1435號
・営業時間: 8:00~17:00

(2)春秋閣(チュンチウグー)
 1951年に武聖關公(関羽)を祀って建てられたふたつの塔。龍の口を潜ると壁面に観音菩薩に関する仏教説話の絵が描かれています。龍のトンネルを抜け、橋を渡ると八角形の五里亭があります。

・住所: 高雄市左營區蓮潭路36號
・営業時間: 5:00~22:00

(3)元帝廟北極亭(ユエンディーミャオベイジーティン)
 1995年に建てられたスポット。道教の神様、北極玄天上帝が祀られています。高さ24メートルの像は夜になるとライトアップされとてもきれい。像の内部は廟になっているので参拝しましょう。

・住所: 高雄市左營區蓮潭路116巷1號
・営業時間: 6:00~22:00

(4)孔子廟(コンズーミャオ)
 学問の神様・孔子を祀った廟で、台湾最大規模の孔子廟です。宋代の建築様式の館内には歴史を学べる展示スペースも。孔子の誕生日である旧暦9月28日には式典が行われます。

・住所: 高雄市左營區蓮潭路400號
・営業時間: 9:00~17:00
・定休日: 月曜

≫≫≫ 初心者必見! 高雄・蓮池潭を100倍楽しむ徹底観光ガイド

■駁二藝術特區(ボーアルイーシュウトーチュウ)

ライトレールライトレールが通っているので便利

 日本統治時代に使われていた砂糖工場などの倉庫群をリノベーションし、雑貨店やカフェとして再利用している人気エリア。若手の芸術家が手がけるアートが点在し、SNS映えするスポットとなっています。週末になるとフリーマーケットも開催され、にぎわいます。

・住所: 高雄市左營區蓮潭路(龍虎塔:高雄市左營區翠華路1435號)
・営業時間: 常時開放(龍虎塔:8:00~17:00)

■高雄捷運「美麗島」站(ガオションジエユン「メイリーダオ」ヂャン)

高雄中心部にある駅高雄中心部にある駅なのでアクセスしやすい ©iStock

 MRT紅線と橘線が通る「美麗島」駅。その改札フロアにある直径30m、総面積660m2の世界最大級のステンドグラスが人気です。世界的なステンドグラス作家マエストロ・ナルシサス・クアグリアータによる「祈り」を表現した作品で、4年もの期間をかけて製作されました。一日に数回、光のショーが行われます。11時、15時、20時(金は19時、土日は17時と19時にも開催)

・住所: 高雄市新興区中山一路115號B1F