話をBMWに戻すと、1916年の創業以来、BMWは6度ロゴを変更しています。これまで使用されていたものは1997年に刷新されたものでした。ちなみにBMWとは、何を意味しているのでしょう。ご存知の方もたくさんいると思いますが、ご存知でない方もいることでしょう。そもそもドイツのバイエルン州に本拠を構えたことから、「Bayerische=バイエルン」、「Motoren Werke=発動機製造」の頭文字からつくられた社名です。読み方としては、「バイエリッシェ・モトーレン・ヴェルケ」です。

  まずは、航空機エンジンメーカーとして誕生したBMW。よってこのロゴマークは、「飛行機のプロペラが回転する様子をモチーフとしており、十字はプロペラで青は空、白は雲、円形はプロペラが回転する軌跡を表している」というのが由来とのこと。

 ですが、BMWが公式にプロペラとロゴマークの関係を結びつける表現となったのは、BMWのロゴマークを商標登録してから12年後となる1929年のこと。なので、これに関して異論を放つ者もいます…。ですが、当のBMWがそう言っているのですから…。

 これまでのロゴデザインの移り変わりに関しては、本国のウェブサイトの特設ページでも確認できます。中には少し意外なデザイン感で表現されたロゴもあるので、興味のある方は一度覗いてみてはいかがでしょうか。

以前のブランドロゴ
1933年~1953年に使用されていたロゴ。 Photo:Universal History Archive/gettyimages
以前のブランドロゴ
1953年~1963年に使用されていたロゴ。 Photo:Lennart Preiss/gettyimages
BMWの本社
ドイツ・ミュンヘンにある本社には1997年から使用されているロゴが。 Photo:Christian SAPPA/gettyimages

Source / Road & Track
Translate / Esquire JP

この翻訳は抄訳です。