累計27万部を突破! 『社内プレゼンの資料作成術』『プレゼン資料のデザイン図鑑』などプレゼンの定番シリーズ最新刊『パワーポイント最速仕事術』から、効果的なスライドを最速でつくる「パワポ操作法」を紹介します。著者は、ソフトバンク在籍時に、孫正義氏から何度も「一発OK」を勝ち取ったほか、孫氏のプレゼン資料作成も担当しましたが、超多忙だったため、そのような優れたプレゼン資料を「最速」でつくる必要性に迫られていました。その結果生み出された、超実践的な「パワポ仕事術」は、きっと多くのビジネスパーソンの参考になるに違いありません。

Photo: Adobe Stock

「ポジティブ=青」「ネガティブ=赤」

 プレゼン資料は、「カラー」を上手に使うことで、効果に格段の差が生まれます。黒一色で表現するよりも、重要な部分にカラーを使うことで、見る人の注意を喚起することができるからです。

 ただし、この効果を最大化するためには、あまり多くの色数を使わないことが大切です。色数が多いと、逆に「何を伝えたいのか」がわかりにくくなるうえに、目がチカチカして“見る気” が失せてしまいます。

 ですから、できるだけ色数は絞って、「ここがポイント!」という部分だけをカラーにするのが基本です。もちろん、色数を増やさざるをえないスライドもありますが、その場合でも、1枚のスライドで3色を上限にするように心がけるとよいでしょう。

 もうひとつ、重要なポイントがあります。「売上増」「経費削減」などポジティブなメッセージは青、「売上減」「経費増」などネガティブなメッセージは赤に統一することで、わかりやすいプレゼンにすることができるのです(下図参照)。

 これは、国際的に通用するルールです。

 世界中の信号が「青=進め」「赤=止まれ」で統一されているように、青は「良好、順調、安全」のシグナルであり、赤は「不良、不安、危険」のシグナルとして使われています。そのため、このルールに従ってスライドをつくれば、見る人は無意識的に「このスライドはポジティブなメッセージを伝えようとしている」「このスライドはネガティブなメッセージを伝えようとしている」と感じるので、より早くスライドの意図を読み取ってくれるのです。

「フォントカラー」を指定する

「フォントカラー」を指定する方法は簡単。

 まず、テキストボックスのすべての文字のカラーを変える場合には、下図のように、テキストボックスを選択したうえで、[ホーム>フォントの色]をクリックします。表示されるメニューからカラーを選べば、すべての文字のカラーが切り替わります。

1 テキストボックスを選択。[ 2 ホーム>3 フォントの色]を開く。4でカラーを選択。

 テキストボックス内の一部の文字のカラーを変更する場合には、下図のように、変更したい文字を選択したうえで、これと同じ操作をします。

1 文字を選択する。[ 2 ホーム>3 フォントの色]を開く。4でカラーを選択。

鮮明な「青」「赤」をオリジナルで設定する

 ちなみに、私は、モニターに投影されたときに鮮やかに映える青と赤を、オリジナルで作成して使用しています。「青」と「赤」のキーカラーがくっきりはっきり見えますので、スライドの印象そのものが非常に強くなります。プレゼンの説得力にすら影響があると感じていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

 設定手順は以下のとおり。なお、一度設定したら、「最近使用した色」に両色が表示されますが、新規で立ち上げたパワポには反映されません。両色をデフォルト設定にする方法は『パワーポイント最速仕事術』で詳しくご紹介しています。

【手順1】

1 カラーを塗りたい部分を選択。[2 ホーム>3 フォントの色>4 その他の色]を選択。

【手順2】

[1 色の設定>2 ユーザー設定]で[3 カラーモデル>RGB]を選択し、 [4 赤0 緑0 青255]に設定して[5 OK]をクリック。

【手順3】

[ 1 カラーモデル>RGB]を[2 赤255 緑0 青0] に設定して[3 OK]をクリック。