累計27万部を突破! 『社内プレゼンの資料作成術』『プレゼン資料のデザイン図鑑』などプレゼンの定番シリーズ最新刊『パワーポイント最速仕事術』から、効果的なスライドを最速でつくる「パワポ操作法」を紹介します。著者は、ソフトバンク在籍時に、孫正義氏から何度も「一発OK」を勝ち取ったほか、孫氏のプレゼン資料作成も担当しましたが、超多忙だったため、そのような優れたプレゼン資料を「最速」でつくる必要性に迫られていました。その結果生み出された、超実践的な「パワポ仕事術」は、きっと多くのビジネスパーソンの参考になるに違いありません。

Photo: Adobe Stock

「ルーラー」で位置関係を把握する

 テキストボックスにテキストを入力したら、スライドの適切な場所に配置する必要があります。それには、テキストボックスを選択したままドラッグすればいいのですが、「ちゃんと左右中央に置けているか?」などと位置関係が気になりますよね?

 そこで、私がおすすめしているのが「ルーラー」の設定です。ルーラーとは、下図の赤の四角で囲っている部分のことで、中央を「0」に設定したメジャー(目盛り)です。これで上下左右の「位置関係」を把握しながらテキストボックスの位置を調整すると便利です。「ルーラー」を設定するには、「表示」タブを開いて、「ルーラー」にチェックを入れます(下図参照)。

[1 表示>2 ルーラー]をチェックする。

「スマートガイド」を目安に配置を決める

 ルーラーの設定が終わったら、実際にテキストボックスを動かしてみましょう。

 動かしてみると、「スマートガイド」(赤い点線)が表示されるポイントがあります。下図のようにスマートガイドが表示されたときは、テキストボックスがスライドの“ど真ん中”に位置していることがわかります。

「キーメッセージ」は“やや上”に置く

 ここで1点、重要なポイントがあります。
 キーメッセージは、必ず、スライド中央より“やや上”に配置するようにしてください。

 なぜなら、プレゼンの相手は、スライドを映すモニターを、座った状態で見上げることが多いからです。その角度でスライドを見る場合、キーメッセージが中央かそれより下に配置されていると、とても窮屈な印象を受けます。

 また、キーメッセージを“やや上”に置くと、前の人の頭が邪魔になってキーメッセージが読めなくなるというリスクも低減できます。

 そこで、下図のように、テキストボックスの下の辺が上下中央に位置しているポイントに配置するなど、スマートガイドを参照しながら“やや上”に配置するようにします(“やや上”であれば、スマートガイドが消える位置でもOKです)。

テキストを「左右中央」に配置する

 テキストをスライドの左右中央に置くには、いくつかの方法があります。
 まず、下図のように文字列の横幅とテキストボックスのサイズを一致させたうえで、スマートガイドを参考に左右中央に置く方法があります。

 あるいは、下図のように、テキストボックスをスライドの左右いっぱいに広げたうえで、文字を「中央揃え」にする方法もあります。どちらでも、やりやすい方法を選択すればよいでしょう。