なんだか面倒そう…と思っていませんか? Photo:PIXTA

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、4月7日に「緊急事態宣言」が発令されました。政府の呼びかけに応じて、出勤せずに自宅で業務を行う「在宅勤務」も増えています。未曾有の危機の中、ビジネスマンの注目を集めているのが、お互いに会わなくても打ち合わせができる「オンライン会議」です。オンライン会議は、ビジネスパーソンのコミュニケーションをどう変えるのでしょうか。(ビーユアセルフ代表 岩下宏一)

在宅勤務で大流行している
「オンライン会議」とは?

「それって何だ?」

 初めてオンライン会議という言葉を聞いたとき、多くの人はピンとこなかったかもしれません。

「なんか、面倒そうだな……。そんなのやって、意味あるのかな?」

 職場でオンライン会議をやろうという話が出たとき、新しいデジタルツールにあまり関心がない人は、内心、気が進まなかったことでしょう。

「オンライン会議」とは、インターネットを介して映像・音声・資料を共有する会議です。最大のメリットは、「離れた場所にいる相手と顔を合わせながら、会話や資料共有ができる」こと。大人数での同時使用が可能で、テキストチャットやPCの画面、ファイルの送受信もできます。ビジネスに必要な便利機能がついているツールが多いのも人気の理由です。

 一見すると難しそうに感じるかもしれませんが、PCやタブレット、スマホのアプリからでも手軽に参加可能。操作も驚くほどシンプルで、誰でも簡単に使うことができます。

 新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化し、リモートワーク化が進む中、便利なオンライン会議のニーズはビジネスパーソンの間で急激に増えています。もはや「わからない」「面倒だ」などと食わず嫌いをしている人は、仕事を円滑に進められなくなる可能性もあります。