仕事に効くドラッカー予告編

「マネジメントの父」と称されるピーター・ドラッカー。仕事で困難に直面し、組織で悩みを抱える多くの人がドラッカーに救われる。経営者や会社員、主婦や学生などもそれぞれの悩みに応じて、ドラッカーの言葉に心を動かされ、はたと気付かされる。その指摘は本質を突き、説得力を持つ。閉塞状態にある今の日本だからこそ、ドラッカーの言葉が必要とされているのだ。特集『仕事に効く ドラッカー』は4月27日(月)から5月10日(日)まで、全14回の連載でお届けする。深く広く人間的なドラッカーの世界へご案内しよう。

#1 4月27日(月)配信
ドラッカー入門、「20世紀最大の『哲人』」の教えを仕事に生かす心得

 政治社会への関心から出発し、マネジメントを提唱、発展させたドラッカーは、自らを「観察者」「社会生態学者」と称した。その視線の中心には常に人間があった。

>>記事はこちら

#2 4月28日(火)配信
柳井正ファストリ会長兼社長「僕が噛み締めているドラッカーの『七つの言葉』」

Photo by Yoshihisa Wada

 父から継いだ紳士服店を、いまやユニクロを中心とした世界的なアパレル製造小売企業へと成長させた柳井正会長兼社長。その過程で、ドラッカーの本を何度も読み返し、学んでいた。

>>記事はこちら

#3 4月29日(水)配信
パナソニック中村邦夫元会長が語る「私がドラッカーを師と仰ぐ理由」

Photo:JIJI

 社長時代にパナソニックの改革を断行した中村邦夫・元パナソニック会長は、若い頃から節目ごとにドラッカーを読み直してきた。支えとしてきた5つの言葉を紹介する。

>>記事はこちら

#4 4月30日(木)配信
ドラッカー基礎知識、「哲人」と呼ばれるまでの生い立ち・教育・経営者との交流

 ドラッカーは活躍の範囲を欧州から米国、さらには日本に広げた。自身を生涯の「観察者」であるとし、多様な交流と観察を基に理論を築いた。

>>記事はこちら

#5 5月1日(金)配信
ドラッカーが直弟子への指導で伝えた「日本の最大の弱み」とは

Photo by Masato Kato

 ドラッカーは課題や悩みを抱える人に語りかけてくれる。直接、アドバイスを受けた直弟子の経験を通して、ドラッカーを知ろう。

>>記事はこちら

#6 5月2日(土)配信
ドラッカー誌上講演【前編】「顧客から始めなければ未来はない」

Photo:JIJI

 1990年代にダイヤモンド社が主催したドラッカー講演会の中から、時代を超えていまなお新鮮なドラッカーの講義のエッセンスを、イトーヨーカ堂社長(当時)の伊藤雅俊氏との対話とともにご紹介する。

>>記事はこちら

#7 5月3日(日)配信
ドラッカー誌上講演【後編】「仕事の『定義づけ』が出発点だ」

Photo: Bloomberg/gettyimages, AFLO

 1990年代にダイヤモンド社が主催したドラッカー講演会の中から、時代を超えていまなお新鮮なドラッカーの講義のエッセンスを、NEC名誉会長(当時)の小林宏治氏、富士ゼロックス会長(当時)の小林陽太郎氏、ソニー会長(当時)の盛田昭夫氏との対話とともにご紹介する。

>>記事はこちら

#8 5月4日(月)配信
【ドラッカー著作ガイド1】チャートでわかる、あなたの悩みに答える本

 ドラッカーは、社会や経営の在り方にとどまることなく、私たちの生き方、働き方についても貴重な助言を与えてくれる。あなたは今、どんな悩みや課題を抱えているだろうか。それに応じてチャートをたどれば、読むべきドラッカー本が分かる。

>>記事はこちら

#9 5月5日(火)配信
【ドラッカー著作ガイド2】仕事への不満・不安を抱えた悩み深い人へ

Photo by Toshiaki Usami

「今の仕事は向いていない」「このままでいいのか不安だ」「仕事がつまらなくて苦痛だ」「どうしてもやる気が出ない」「自分の成長が感じられない」「上司とうまくいかない」「部下を率いる自信がない」「部下に結果を出させるためには?」――。ドラッカーの教えをかみ砕き、あなたの悩みに答える。

>>記事はこちら

#10 5月6日(水)配信
【ドラッカー著作ガイド3】スキルアップ・新たな課題に挑む人へ

Photo by Yoshihisa Wada

「新事業を考えろと言われた」「マネジメントの基本を学びたい」「ビジネスモデルはどう変わる?」「変化を見抜く目を養うには?」「将来、働き方はどう変わる?」「いつも時間に追われている」「がんばっても結果が出ない」「優先順位を決められない」――。ドラッカーの教えをかみ砕き、あなたの悩みに答える。

>>記事はこちら

#11 5月7日(木)配信
ドラッカーに魅了された5人の一流経営者が語る【前編】山崎製パン社長ほか

Photo by Kazutoshi Sumitomo, Masato Kato

 ドラッカーの教えは日本の経済人・著名人を魅了し、ドラッカーと直接、親交を温めた者も多い。その中でも山崎製パン社長の飯島延浩氏、資生堂名誉会長の福原義春氏、スクウェア・エニックス社長(当時)の田洋一氏はドラッカーのマネジメント思想の何に共感し、感銘を受けたのか。

>>記事はこちら

#12 5月8日(金)配信
ドラッカーに魅了された5人の一流経営者が語る【後編】ウシオ電機会長ほか

Photo by Kazutoshi Sumitomo, Hiroko Tsukada

 ドラッカーの教えは日本の経済人・著名人を魅了し、ドラッカーと直接、親交を深めた者も多い。その中でもウシオ電機会長の牛尾治朗氏、クオンタムリープ代表取締役の出井伸之氏はドラッカーのマネジメント思想の何に共感し、感銘を受けたのか。

>>記事はこちら

#13 5月9日(土)配信
「ドラッカー最後の講義」を初公開!亡くなる8カ月前に何を語ったか

 95歳を迎えたドラッカーは2005年3月21日、ドラッカースクールで最後の講演を行った。亡くなる8カ月前のことだった。1時間余り続いた「ドラッカー最後の講義」の要旨を公開する。

>>記事はこちら

#14 5月10日(日)配信
ドラッカーはなぜ今も新しいのか、根幹にある「人間主義」の思想

ドラッカー14

 分権化、目標管理、顧客創造、知識労働者―。いずれもドラッカーが広めた経営概念であり、今では世界中の企業で導入されている。生前のドラッカーをよく知るジャーナリストが、時代を超越するドラッカーのマネジメント思想を解説する。

>>記事はこちら

ドラッカー日本公式サイトでは、ドラッカーの詳しい経歴や著作一覧など、さまざまな情報を発信しています。本特集とあわせて、ぜひご覧ください。(http://drucker.diamond.co.jp/