世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著が、大手書店のベストセラーとなり、話題となっている。BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した本だ。なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
直木賞作家・作詞家のなかにし礼さんが激賞、脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、某有名書店員が「100年残る王道の1冊」「2019年で一番の本」と断言した『哲学と宗教全史』が、2400円+税という高額本にもかかわらず9万部を突破。「読者が選ぶビジネス書グランプリ2020」では総合グランプリ第6位、リベラルアーツ部門第2位となった。本連載も累計110万PV(ページビュー)を突破した。
「日経新聞」「日経MJ」「朝日新聞」「読売新聞」「北海道新聞」「中国新聞」「京都新聞」「神戸新聞」「中日新聞」で大きく掲載。“HONZ”『致知』『週刊朝日』『サンデー毎日』「読売新聞」でも書評が掲載され、話題となっている。
今回もダイヤモンド経営者倶楽部「特別定例会」で行われた出口氏の講演「グローバル人材と日本の課題」の様子を特別にお送りしよう。

Photo: Adobe Stock

日本人は英語が苦手
というのが大間違いな理由

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。おもな著書に『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」I・II』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『人類5000年史I・II』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇』(文藝春秋)など多数。

今回、「グローバル人材と日本の課題」というお題をいただいていますが、グローバル人材とは何かといえば、日本は世界と仲よくして3資源を安定して輸入できて初めて栄える国ですから、世界で活躍できる人材というのがグローバル人材です。

では、世界で活躍できる人材とは何かといえば、英語ができることは説明の余地はありません。英語はリンガ・フランカ=世界共通語です。今から日本語をリンガ・フランカにするのは無理だということは、すぐにわかりますよね。

英語を習得するには勉強以外にありませんが、日本人は英語が苦手だというのは大間違いです。

日本人の英語力を上げるのは簡単です。

経団連会長がこう宣言すればいいのです。

「経団連企業の就職試験では英語で足切りをする。

TOEFL iBTテストでスコア85以上の証明書を持ってこなければ面接しない」

すると、学生は必死に勉強するので1年で学生の英語力は上がります。

つまり、英語力を上げるには社会のしくみを変えることがすべてなのです。

今の日本の学生はなぜいい大学を目指すのか。

いい大学に入ったら、いい企業に就職できると思うから、みんな頑張るわけです。

いい企業が面接ではなく、TOEFL iBTテストでスコア85以上といった瞬間に、学生が目の色を変えて英語を勉強する。

みなさん、そう思いませんか。

人間は本来、怠け者。勉強させるにはインセンティブ=仕組み化が必要です。


続きは次回にしましょう。

過去の僕の『哲学と宗教全史』全連載は「連載バックナンバー」にありますので、ぜひご覧いただき、楽しんでいただけたらと思います。