誤解を恐れずに申し上げると、まず泉さんの代表選への立候補の報をネットニュースで目にしたときに率直に抱いた感想は「また自分の選挙対策のために名前を売ろうとして…よくやるよなぁ」と思ってしまいました。こんな邪推を抱いてしまう私のことをどうかお許しください。しかし、その後、自分なりに視点を変えていろいろと思案してみたところ、考えを改め直すことになります。

民主党政権時の
幹部は刷新すべきだ

 今回の代表選では枝野さんが当選確実であるという報道がなされています。立憲民主党を一人で作った人であり、希望の党の「排除」から一人で立ち上がって今日までの大きな組織にしたのですから当然かと思います。

 でも果たしてそれでいいのでしょうか。枝野さんはあの民主党政権で中枢にいた人物です。大いに失敗をし、国民からの審判が下り退陣させられた人たちの中の中心人物の一人です。企業でいうところの会社を経営破綻寸前まで追い込んで失敗してクビになった役員の一人です。

 そんな人が株主である国民に対して、その失敗の総括もせずにまた新しく法人を立ててトップをやっているわけです。しかも同じマーケットにおいてですよ。そんなことはこの世の中では許されません。

 せめてなぜ失敗したのかを総括すべきですし、なぜ高速道路の無料化は途中で終わったのか、子供手当を払い続けられなかったのか、事業仕分けによって埋蔵金が想定していたほど出てこなかった理由は何か、国民の皆様の期待を裏切ってしまったことについておわびをするという段取りはとらないわけですよ。

 そして、枝野さんだけではなく、そこには雁首揃えて野田前総理、岡田さん、蓮舫さん、さらには小沢さんも合流するとのことで、私は大変驚いています。選挙で退場の審判が下されたまま、下されっぱなしではやはりダメだと思うのです。

 あの自民党も皆さんとの選挙に大敗し、下野したときは党の綱領(企業でいうところの企業理念)を作り直す作業をし、公募を導入して新しくて若い候補者をたくさん立て組織を刷新しました。その反省に立ち返って一致団結して再度政権奪取を掲げてやり直して今に至るのです。

 だから、反省をした上で、もう一度当時の役員を刷新していかなければ、国民の不信感は払拭できないと私は断言します。

同窓会野党を避けるには
泉氏が代表になるべきだ

 ここに泉さんが代表を目指すことの意味があるのです。泉さんは当時、内閣府政務官を経験したくらいで、政権の中枢にいたとはいえません。なので、その反省を生かし、新しい世代を代表する野党として立ち上がれば、再び政権交代を狙えるチャンスが芽生えるかもしれません。