アップルCEOの格言

多くの有名実業家が「エンパシー格言」を残しているほどです。

いくつか見てみましょう。

まずは、アップルのスティーブ・ジョブズの後任CEOのティム・クックから。

エンパシーと、自分の仕事を切り離して考えろと、説得しようとしてくる人が多い。
そんな間違った考えを受け入れてはならない。

人に共感する力は仕事に大切なスキルなのです。

マイクロソフトCEOの格言

マイクロソフトCEOのサティア・ナデラも、ビル・ゲイツの精神を引き継ぐ格言を残しています。

ほとんどの人が、エンパシーを友達とか家族にだけ当てはまるものだと思っているけれども、実は、ビジネスのプライオリティでもある。
          *
我々のビジネスの本質は、顧客のニーズに関連している。だから、エンパシーがない限り、彼らを満足させることができない。
          *
人を思いやることができなければ、自分のチームに力を発揮させることはできない。だから、エンパシーはすべてにつながるカギなのだ。

Instagramの共同創業者の格言

さらに、若者に人気のInstagramの共同創業者、マイク・クリーガーも、以下のようなメッセージを残しています。

エンパシーはデザインのプロセスのカギとなる。特に自分の殻を打ち破って、新しい言語、文化、年代などに向かい合ったときに。そうした新しく出会った人たちがほしいものを決めつけてかかると、失敗してしまいがちだ。

ここまで、最近の実業家を例に挙げましたが、エンパシーがビジネスにとって必要なグローバルスキルであることは、昔も示唆されていました。

ヘンリー・フォードの格言

アメリカの自動車会社フォード・モーターの創業者ヘンリー・フォード(1863-1947)もこういっています。

もし、成功に何かの秘密があるとしたら、それは他の人の視点を理解して、その視点と自分の視点から物事を見ていく力にある。

相手のことを理解して、その視点で考える力、まさしく「エンパシー」に「生き抜く力」の一つのカギが隠れているというのです。