【Twitterフォロワー数50万人、You Tubeチャンネル登録数25万人】と、今どきのママパパに圧倒的に支持されているカリスマ保育士・てぃ先生、初の子育てアドバイス本『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』ができました!
子育ての悩みは、決して親の能力や愛情の深さの問題ではなく、子ども特有の気持ちやものごとのとらえ方、体の状態を知るだけでうまくいくことが多いと、てぃ先生は教えてくれます。
この連載では、「てぃ先生が実際に試して効果のあった伝え方」や「保護者が絶賛した斬新なテクニック」を厳選。困りがちな「おしたく」「お片づけ」「お食事」などのよくある困りごとの状況に対応する方法などをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

子どもには「はやくしなくちゃいけない理由」がない

「はやくお着替えして!」「はやく食べて!」――。僕たち大人は子どもにしょっちゅう「はやくはやく」と言ってしまいますよね。そこで大人は「はやくおうち出ないと、あれ買わないよ」というふうに、いわゆるおどし文句みたいなことを言ってしまうのですが、これ、じつは大人も傷つきますよね

「あー、またこんな言い方しちゃった」「絶対よくないよな……」って。

 僕も悩みましたが、よく考えると子どもには「はやくしなくちゃいけない理由」がないんです。「何時までにこれやらなくちゃ、あれができない!」ということがないので、モチベーションがないし、「はやくする」っていうこと自体がわからなかったりするんですね。そこで僕がいろいろ勉強して試した結果、「これなら!」という方法を見つけましたので皆さんにシェアしたいと思います。

スモールすぎるステップで
結果的にはやく終わる

 たとえばご飯が進まないとき。別の小さいお皿を出してあげて、そこにほんのちょっと、人差し指の腹に乗るぐらいのご飯を載せます。そして、「これ食べられるかな~?」って聞く。そうすると子どもは、「え、そのくらい食べられるけど?」って感じで食べますよね。そうしたら、「食べられたね!じゃあこれは?」って、今度はひとくちくらいの量を載せる。「はやく食べて」と言うと子どもは目に映った料理を全部食べなくてはいけないと思っていやになってしまいますが、“たったこれだけ”なら、「そんなの簡単だよ」って食べてくれますし、それをくり返していくと、残りもどんどん減っていきます。すると、達成感を感じてさらにモチベーションがアップします。これは「スモールステップ」といって、細かい、小さい目標を設定することで、子どものやる気を持続させ、大きな目標を達成できるようにする手法です。

 お着替えでもなんでも、目標は、子どもから見て難しそうに映るようなものではなく、細かく細かくして、できたらほめる、できたらほめるというふうに進めると、モチベーションが維持されて結果的にはやく終わります。

 ※本原稿は、てぃ先生、初の子育てアドバイス本『子どもに伝わるスゴ技大全 カリスマ保育士てぃ先生の子育てで困ったら、これやってみ!』からの抜粋です。この本では、子育てがラクになるスゴ技がたっぷり収録されています。子育てに悩みやイライラはつきものですが、遊び心をもって、楽しく子育てしてみませんか? (次回に続く)