「英語が通じる、通じない」は“口の形”で決まる!
学校では単語や文法の勉強がメインで、発音を詳しく習いません。そもそも、アルファベットの発音をしっかり習いましたか? アルファベットも、小さな発音の連なりでできています。アルファベットが正しく発音できなければ、単語も正しく発音できません。人間の脳には「発音できない音は聞き取れない」という特性があります。発音ができなければ、文法や単語もどれだけ覚えても、英語でコミュニケーションはとれません。
本連載は、正しい英語発音を最短最速で身につけるノウハウを伝えるものです。著者は、国際ヴォイストレーナーの山下まさよ氏。ビジネスマン、英語講師、客室乗務員の発音を指導し続け、その実績は1万人を超えます。初の単著『英語の声トレ 国際ヴォイストレーナーが教える「やさしい英語発音」』を出版し(2月10日刊行)、「アルファベットの発音の仕方」から「ネイティブに近づく発声テクニック」まで、英語発音のすべてをあますところなく伝えています。

Photo: Adobe Stock

駅前留学でネイティブ発音が身につくのか?

 外国人講師の大半は、英語のサウンドだけを繰り返し口伝えで指導しています。その指導法では、口真似で覚えていくしかありません。

 英語が母国語の外国人講師は、幼い頃から自然に発音が身についています。「なぜ日本人にその発音ができないのか」を理解できていません。

 もし、あなたが外国人に日本語の発音を教えるとしたら、どうやって教えますか。口伝えで発音を教えるしかないですよね。

 この方法では、すべての発音を学ぶのに何年もかかってしまいますし、何年たっても「何となくの発音」しかできません。

あるネイティブの悩み

 Mさんは、アメリカ生まれのアメリカ育ち、生粋のアメリカ人です。もちろん母国語が英語ですので、英語は完璧です。日本のアニメ文化が大好きで日本に来日しました。

 もっと長く日本に滞在したいという事で、英会話の先生として仕事をすることに決めました。アメリカの大学在学中に、英語を母国語としない人(日本人など)に指導するための資格TESOL、TEFLなどの英語教授資格を取得しました。

 英語の指導に関しては指導資格を取得しているので、生徒への指導法などは身につけているが、「日本語と英語の発音の違いを埋めるのが難しい」という悩みを持っていました。

 日本人の生徒には、自分の英語発音を真似するように伝えているが、[r][t]の発音などは何度伝えても、変な発音をしていると。そこで、日本人の英語発音矯正する際のポイントを伝えました。

[r]の発音の口形は、唇を軽く前に突き出す。舌の位置は、舌先を持ち上げずに、舌全体を後ろにスライドしてから発音させる。

[t]の発音の口形は、指1本分くらい口を開けてリラックスした口形にする。舌の位置は、舌先で上の前歯裏を軽くけり出す。息だけで発音させる。

 このように発音矯正の指導を行いました。

 すると後日、「生徒の発音が一瞬で変わった」ととても喜んでくれました。現在は、キャンセル待ちが続く有名英語塾のマネージャーになり、日本人の小学生~高校生をメインに指導しており、海外大学合格へと導いています。