統計学とエクセル
写真はイメージです Photo:PIXTA

マーケティングに欠かせない
「統計学」と「エクセル」を同時に学ぶ

「いつかは統計学を学びたいけど、なかなかタイミングがなくて……」という方、意外と多いのではないでしょうか?

 この動画講座「【はじめての統計学】エクセルで学ぶマーケティング統計分析&戦略」は、マーケティングに欠かせない「統計学」と「エクセル」を同時に学ぶことができます。

熊野整
熊野整(くまの・ひとし)
ボストン大学卒業後、モルガン・スタンレー証券投資銀行本部に入社し、大型M&Aや資金調達プロジェクトをリード。退社後はグロービス経営大学院にてMBA取得後、エムスリーに入社し、事業計画の立案から戦略遂行まで行う。現在は、スマートニュースにて財務企画担当として、収益計画策定や資金調達などファイナンス業務全般を担当。多くのビジネスパーソンの収益計画の作成アドバイスを行っている。著書に『外資系投資銀行のエクセル仕事術』、『エクセルで学ぶビジネス・シミュレーション超基本』(ともにダイヤモンド社)。

「100人のアンケートだけで本当に十分?」「そのテスト結果から何が言えるのか?」「広告宣伝費と販売数、本当に関係あるの?」「その平均値、本当に正しい?」といったマーケティング上の疑問や課題を、「統計学の基本」と「エクセル」によって解決するテクニックを学び、これらを組み合わせてどのようにビジネス戦略を考えていくのか、そのプロセスを解説します。

 動画講座の前半では、「このデータから何を読み取れるのか?」を「平均」「分布」「分散」を使って学びます。

 その次は、「データAとデータBに関係があるのか?」というデータの関係性、つまり相関分析を「近似曲線」を使いながら解説します。

 後半は、「そのテスト結果、正しいといえるのか?」というデータの信頼性について、「信頼区間」や「P値」といった計算をしながら学びます。

 こうした「統計学の基本」レベルであれば、特殊な統計のソフトウエアを使わなくても、エクセルだけで簡単に計算することができます。しかもエクセルであれば仕事にもそのまま活用できるのです。ぜひ一緒に学びましょう!

【このような方にオススメ!】
■統計学の基本をしっかり身に着けたい方
■エクセルを使って統計分析ができるようになりたい方
■一段レベルの高いマーケティング、営業データ分析をやりたい方
■商品開発で必要な「テスト」の分析を行いたい方

 動画講座内でも人気のセクション、「『平均』の種類」(7分44秒)を、次ページでご視聴いただけます(期間限定)。※ご視聴にはダイヤモンド・オンラインの無料会員登録が必要です