かとう・よしかず
国際コラムニスト。1984年静岡県生まれ。日本語、中国語、英語で執筆・発信する国際コラムニスト。2003年高校卒業後単身で北京大学留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。中国語による単著・共著・訳著は10冊以上。日本では『われ日本海の橋とならん』(ダイヤモンド社)などを出版。2010年、中国の発展に貢献した人物に贈られる「時代騎士賞」を受賞。2012年2月、9年間過ごした北京を離れ上海復旦大学新聞学院にて講座学者として半年間教鞭をとり、その後渡米。現在ハーバード大学ケネディースクールフェローとして米中関係・中国問題の政策研究に取り組む。世界経済フォーラムGlobal Shapers Community(GSC)メンバー。趣味はマラソン。座右の銘は「流した汗は嘘をつかない」。
Photo by K.S.

加藤 「周辺外交活動座談会」は極めて重要なものです。習近平国家主席みずからが指揮し、常務委員7人全員が出席し、王毅外交部長が総括を行いました。こうした重要会議の開催は国家最高指導者である習近平主席の統治スタイルの一端を示しているし、発表される文書は、中国共産党のあらゆる部署における審議を経て起草されるものです。

 そこに工藤さんが掲げる『民間外交』という文言が入るというのは、彼らが高度に民間外交を重視している証ですよ。政府間外交のマネージメントが効かなくなっているこの時期に戦略的に打ち出され、重視されているコンセプトだと思いますね。当然、それは中国側の『東京‐北京フォーラム』に対する姿勢にも反映されています。

“民を以て官を促進する”
中国も世論は無視できない

工藤 王毅さんは『工藤さん、何を悩んでいるんだ』って言うから、『民間外交で不戦の誓いをやりたいんだ。この膠着した日中関係を変えたいんだ』って言ったら、『思う通りにやればいい』って言っていました。

 実際、フォーラムの初日、不戦の誓いなんて無理だと思っていました。中国側の登壇者たちは、口々に今の日中関係の悪化を招いたのは日本のせいだと発言していました。中国側は尖閣諸島問題について領土問題の存在を認めろ、日本の歴史認識が間違っているなど、政府外交と同じアジェンダからなかなか離れられなかった。

 日本もそれに対して反論し、『尖閣諸島問題と歴史認識問題に折り合いがつかないと、すべての対話をシャットダウンする中国は大人げない。世界第2位の経済大国に相応しくない』というコメントも出ていました。

 でも、26日の深夜から、少しずつ中国側が変わってきて、「不戦の誓い」を柱とする北京コンセンサスの合意に漕ぎ着けることができたんだと思う。中国側にとっては、「日本に釣魚島についても歴史認識についても絶対に譲歩するな」という世論を背負っているから、「不戦の誓い」なんていう島の問題にも歴史の問題にも直接触れられていない文書に、日本側と合意するなんてできないと思っていたようでした。