スタンフォード大学のクランボルツ教授が、多くの人のキャリアを分析したところ、そのうちの8割から「いまある自分のキャリアは、予期せぬ偶然によってもたらされた」という答えを得た。そこから教授はプランド・ハップンスタンス・セオリー、「計画された偶発性理論」を発表した。予期せぬ偶然を、計画的に引き寄せようという考え方だ。

 人はいくらそうなりたいと思っていても、思い通りにいくとは限らない。時には失敗もするだろうし、求めていることと異なる事態に直面するかもしれない。しかし、そこでめげてしまっては先がない。どんな事象も前向きにとらえ、むしろその偶然を利用するくらいの気持ちでいなくてはだめだ。

 加えて、そうはいっても自分にとって都合のいい偶然が起きるように、立ち位置の取り方や挑戦は続けた方がよい。先ほどの「2階に上がってはしごを外して自分を追い込む」やり方もその1つだ。

 そして、ある程度、前に進んでいると認識できれば、そこまでの行為をルーチン化し、繰り返し、繰り返し、最終目標に近づいていく。

 その段階で会社を飛び出す。起業する。あるいは目標に近い会社に就職して、さらに腕を磨き、チャンスを狙うという方法もある。具体的な方法論においても、ステップが必要なことが多い。

 いずれにしても、最終的に自分が幸せだと思うモデルに自分を導く戦略を作ってそれを着実に実行していく。ただし、「計画された偶発」もあるので、臨機応変な姿勢も必要だ。変革のための計画であっても、それにこだわりすぎると、変革は止まってしまう。

 そうすれば、いつしか8段階目。新たな自分が生まれ、定着している。

 ここまでの説明で理解してもらえたと思うが、セルフ・リーダーシップの発揮は絶対に必要だ。さらに、チームを生成するなどの段階で、他人を巻き込むという意味でもリーダーシップが絶対必要になる。

 だからリーダーシップだけは、たとえ自分が苦手だと思っていても、もう一度再確認して、ちゃんと認識してもらわないと、物事が先に進まない。他人任せでは物事は進まないから、自分のキャリアを自分で作るためにも、リーダーシップが重要になる。

 逆に言えば、これを機会にリーダーシップを棚卸しして、自らのリーダーシップ持論というものをしっかりと形成してもらいたいと思う。そこで、次回からはリーダーシップについて考えてみたいと思う。リーダーシップ再入門講座をお届けすることとしよう。

●お知らせ●

筆者である野田稔さんと伊藤真さんが塾長を務める
人材の再教育を通じて雇用の流動を高め、社会全体での終身雇用を目指す
「社会人材学舎」のホームページができました。
http://gakusya.org/

facebookページはこちら↓
https://www.facebook.com/shakaijinzaigakusya?notif_t=page_new_likes